韓スタ!プレゼント韓スタ!SNSをフォローして豪華プレゼントをゲット!

【インタビュー】韓国人気イケメン俳優チソン! 主演ドラマ「キルミー・ヒールミー」(DVD発売中)で7つの人格を持つ多重人格者の御曹司を熱演!「自分の理想とする演技にまた1歩近づけた作品です」


チソン01

ドラマ「秘密」や「ボスを守れ」などで人気で、昨年8月には主演映画「コンフェッション 友の告白」が日本公開となった韓国人気イケメン俳優、チソン。彼が多重人格の御曹司を熱演して話題の「キルミー・ヒールミー」が2日に発売。
ドラマ「キルミー・ヒールミー」は、大ヒットドラマ「秘密」で息を合わせたファン・ジョンウムと再共演したラブコメディーで、チソンは穏やかで誠実な主人格の財閥御曹司チャ・ドヒョンに始まり、攻撃的な青年セギ、明るく単純で自由奔放な女子高生ヨナ、40代の中年男性フェリー・パク、自殺願望のある男子高校生ヨソプなど7人のキャラクターを目つきや声色、仕草によって完璧に演じ上げた。そこでDVDのリリースを記念し、チソンがドラマについて熱く語るインタビューをお届け!

――チソンさんは本作、ドラマ「キルミー・ヒールミー」で、多重人格の財閥の御曹司、チャ・ドヒョンという非常に難しい役を演じられました。まず出演を決めた理由から教えてください

「普通、多重人格というと善と悪の2つの顔を持つ場合が多いと思いますが、本作では7つも人格が出てきて、そこがとても魅力的でした。この役を引き受けた直後、〝なぜこんな難役を選んだのか〟、〝墓穴を掘ったんじゃないか〟と心配して下さる方も多かったんですが、僕自身は全然プレッシャーがなかったと言ってもいいくらい、7人の演じ分けに不安はなかったんです。むしろ、チャ・ドヒョンという人物の人生をいかに現実味を持たせて演じるかのほうが難しいと感じていました」

――何人ものキャラクターの演じ分けに不安はなかったとのことですが、実際はどう演じ分けをしたんですか?

「撮影前に現場でセリフの練習をしたりするんですが、人格が入れ替わる瞬間の演技って、端から見ると多分、ちょっとおかしくなってしまったように見えると思うんです。『練習するから、ちょっと静かにしててくれよ。(役になりきって)”あ…あぁっ…!うっ…!” 』とか、これを誰かに見られたら、すごく恥ずかしいと思いませんか? それでセリフの練習のために一人でどこかに行ったり、スタッフに外に出てもらったりしました」

Next Page  1 2 3 4 5 6 7

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.