韓スタ!読者プレゼント!韓スタ!SNSをフォローして豪華プレゼントをゲット!

韓国創作ミュージカル「タイヨウのうた」NU’ESTのベクホ×LovelyzのKeiが贈る甘く切ないハーモニー!「タイヨウのうた」デジタルシングルPart.3リリース!


5月1日(土)から韓国ソウル・クァンリムアートセンターで初公演を迎えた、韓国創作ミュージカル「タイヨウのうた」のデジタルシングルPart3が5月10日(月)から各音楽配信サイトで公開された。※画像はクリックで拡大できます

「タイヨウのうた」は、2006年に日本で公開された同名映画を元に、真夜中の月明かりの下で歌う少女ヘナが、真昼の太陽のように眩しい少年ハラムと出逢い、人生で最も輝く太陽のうたを歌う瞬間を描いた、切ない初恋物語ミュージカル。

今回公開されたミュージカル「タイヨウのうた」デジタルシングルPart.3はNU’ESTベクホのソロ曲「太陽が沈んだら会いに行くよ」とLovelyzKeiとのデュエット曲「Good-Bye Days」の2曲。ソロ曲「太陽が沈んだら会いに行くよ」は甘美なピアノの旋律とヘナに向けられた甘い告白が込められた楽曲となっており、ベクホの柔らかな歌声が心に響く告白ソングとなっている。5月22日(土)の初公演を控えて先行公開されたベクホの「太陽が沈んだら会いに行くよ」は今までとはまた違ったハラムとして、〝ベクホ ハラム〟への期待感を一層引き上げている。

同時に公開されたLovelyzのKeiとのデュエット曲「Good-Bye Days」もまたハラムとヘナ、二人の想いが見事なハーモニーで表現されている。本楽曲は、2006年日本で公開された映画「タイヨウのうた」のメインOSTをミュージカルのハラムとヘナの視点に合わせてリメイクされたもので、初恋のつたなさを歌う二人の甘く切ないケミが感じられる楽曲に仕上がっている。

すでにハラム役のSHINeeオンユ、DAY6ウォンピル、チョ・フン、GOT7ヨンジェと息のあった舞台で、観覧客から「ベテランミュージカル俳優に引けを取らない発声と演技力」、「完成度の高いキャスティング」と賞賛を受けるKeiと、力強さと高い歌唱力をもつベクホとの息のあった姿は、新たなときめきを届けるだろう。

‎BAEKHO & Keiの”Meet Me When The Sun Goes Down”をApple Musicで

「タイヨウのうた」

場所:韓国・ソウル クァンリムアートセンター
日時:5月1日(土)~7月25日(日)
*公演時間 約100分 *日本語字幕つき(ライブ配信のみ)

メタシアター 5月1日(土)~6月13日(日)公演を発売中 https://metatheater.live/main.do
*お得なセット券(5回/10回)あり
LINE LIVE 5月1日(土)~5月23日(日)公演 https://viewing.live.line.me/liveg/397

Top Page

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.