韓スタ!プレゼント韓スタ!SNSをフォローして豪華プレゼントをゲット!

【イベントレポ】少女時代メンバー、韓国歌手で女優のスヨン!主演日韓合作映画『デッドエンドの思い出』完成披露試写会に登壇!スヨンの演技に原作の吉本ばななが太鼓判!


世界的な人気を誇る韓国ガールグループ少女時代の出身で韓国ドラマ「私の人生の春の日」などで女優としても活動するチェ・スヨンが主演を務めた日韓合作映画『デッドエンドの思い出』(2019年2月16日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー)の完成披露試写会が12月13日にユナイテッドシネマ豊洲で行われ、スヨンがBOYS AND MENの田中俊介、チェ・ヒョンヨン監督、原作者の吉本ばななと登壇した。

本作『デッドエンドの思い出』は吉本ばななの同名短編小説を実写映画化してもので、スヨン演じる婚約者に裏切られたソウルに住むユミが、名古屋のとあるカフェにたどり着き、カフェを営む若い男性・西山(田中)や周囲の人々に癒され立ち直る姿を描いた。

割れんばかり大歓声に出迎えられたスヨンは、

「映画の中で成長していくキャラクターを演じることがうれしかったですし、女優として映画をリードする役を演じるのはなかなかない機会なので、オファーを貰って役作りをしました」と流ちょうな日本語で喜びを語り、「ユミという役は私と違う部分もあって、すべてを理解することはできなかったんですけど、撮影が進む中で役と共に私も成長した気がしました」と話した。

また原作の吉本から「スヨンさんの演じたユミには説得力があった」と太鼓判を押されると、「韓国でも先生の作品は世代に関係なくとても人気があるんです。子供の頃からあこがれていたので、貴重な機会をいただきすごくうれしいです」と話し、さらに本作の見どころとして桜満開の公園でのシーンを挙げ、「花見のシーンはラッキーなくらい、『風吹いてください!』と思っていたらザワザワと自然な風が吹いて美しい桜の様子を撮影することができました」と笑顔を輝かせた。

©2018 「Memories of a Dead End」 FILM Partners
公式サイト:dead-end-movie.com

Top Page

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.