韓スタ!読者プレゼント!韓スタ!SNSをフォロー&RTして豪華プレゼントをゲット!

【REVIEW】韓国人気イケメン俳優ユ・アイン×韓国実力派俳優キム・ユンソク出演韓国映画『ワンドゥギ』(4/28公開)!笑いと涙の感動青春映画!


ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」で日本でも人気の韓国イケメン俳優ユ・アインが、『チェイサー』で韓国のアカデミー賞と呼ばれる大鐘賞の男優賞に輝くキム・ユンソクと共演し、韓国で530万人動員の大ヒットとなった韓国映画『ワンドゥギ』(イ・ハン監督/CJ Entertainment Japan配給)が4月28日から新宿武蔵野館でロードショーとなる。

ユ・アインは母親の顔も知らず、低身長症のキャバレー・ダンサーの父とその弟子の3人で、ボロアパートで極貧暮らしをしている高校生のワンドゥクを演じた。

ワンドゥクは不遇な育ちのため世間になじめず、ケンカも絶えないが、ケンカでは負け知らずだ。そんな彼の願いは「くそドンジュ」と呼ばれる担任教師(キム・ユンソク扮)の死だ! ドンジュは口の悪いぐうたら教師で、何かといってはワンドゥクに絡んできて悩ませるのだ。

そんなある日、ドンジュはワンドゥクにこともあろうか「お前の母親はフィリピン人だ」と言い出して…。

世知辛い世の中に負けることなく、健気に生きるワンドゥクをユ・アインが感性豊かに好演している。教師ドンジュを演じるキム・ユンソクの抜群の演技で魅せ、大声でわめき散らす近所の住人、クラスメイトなど個性豊かなキャラクターが登場し笑い満載なのだが、教師の生徒への思い、母子愛には思わず涙してしまう。

メガホンを執るのは、独特で繊細な描写の定評があるイ・ハン監督。本作でもそのセンスがいかんなく発揮されている。

©2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
文・中村樹基(脚本家「世にも奇妙な物語」など)

Top Page

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.