韓スタ!プレゼント韓スタ!公式Xをフォローして豪華プレゼントを当てよう!

【インタビュー】韓国監督で俳優のヤン・イクチュン!生田斗真とW主演の映画『告白 コンフェッション』5/31(金)公開!鬼気迫る怪演を披露!「脚本に書かれている表現を打ち破りたいです」


──撮影中に印象に残ったことを教えてください

「私には役者として、脚本に書かれている表現を打ち破って、それを壊してみたいという欲があります。書かれている通りに演じるのではなく、そこに書かれている以外の表現を、演技を通して作ってみたいという熱望があるんです。韓国では何も言わずに、こっそりと変えてしまうこともあるのですが(笑)、日本では事前に言わなければいけないと思い、山下監督にお話しするようにしました。私にとって日本で撮影するということは、慣れない環境の中での新しい挑戦になるのですが、今回も新鮮な経験ができて楽しかったです。短い撮影期間ではありましたが、みんながお互いを信頼し合って、一緒に仕事をしていました。いや、仕事というよりも、一つの作品に向かって、みんなで前に向かって進んで行くような感覚でしたね」

──これからご覧になる方へのメッセージをお願いします

「みんなで全力を出して作った作品ですので、多くの方に観ていただきたいです。閉鎖された一つの空間の中で展開する、二人の登場人物の心理ドラマですが、こういうタイプの作品は近年なかったのではないでしょうか。雪に閉ざされた山小屋の中で繰り広げられる、二人の男たちの緊張感あふれる熾烈な闘いが、まるでその場にいるかのように体験できると思います。非常にユニークな唯一無二の映画が完成しましたので、観客のみなさんにも新しい楽しみとして受け取っていただけたらうれしいです」

🔹ストーリー

大学山岳部OBで親友の浅井とジヨンは、16年前、大学の卒業登山中に行方不明となって事故死とされている同級生の西田さゆりへの17回忌となる慰霊登山中、猛吹雪により遭難してしまう。脚に大怪我を負ってしまい、死を確信したジヨンは、実は16年前にさゆりは自分が殺害したのだと浅井に〝告白〟する。長きに渡り背負ってきた十字架を降ろしたことで安堵し、死を受け入れたジヨンだったが、その直後、眼前に山小屋が出現し、二人は一命を取り留めることに。薄暗い山小屋の中、明け方まで救助隊が来るのを待つ二人だったが、浅井はジヨンの態度がどこかおかしいことに気づき…。

©2024 福本伸行・かわぐちかいじ/講談社/『告白 コンフェッション』製作委員会
PG12
映画公式HP:gaga.ne.jp/kokuhaku-movie

📢スマホ版 スタ!では、この下に関連記事など気になるコンテンツがいっぱい。Top Pageでは韓スタ!最新記事から全ての記事を掲載! チェックしよう


Top Page  1 2 3 4

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.