韓スタ!プレゼント韓スタ!公式Xをフォローして豪華プレゼントを当てよう!

【番組レポ】「ガルプラ」に次ぐ話題の韓国グローバルボーイズオーディション番組「BOYS PLANET」第7回 デュアルポジションバトル終了!波乱の展開!


© CJ ENM. All Rights Reserved.
韓国新人ガールズグループKep1er(ケプラー)を生んだ「Girls Planet 999:少女祭典」、通称「ガルプラ」に次ぐ、話題沸騰のグローバルボーイズオーディション番組「BOYS PLANET」の第7回が、3月16日(木)20時50分からCS放送 Mnet、動画配信サービス Mnet Smart+で日韓同時放送・配信、そして新しい未来のテレビ ABEMA(アベマ)で日韓同時、国内独占無料放送された。

「BOYS PLANET」は韓国をはじめとするアジア、ヨーロッパ、アメリカ、中東など84の国と地域から選ばれた参加者たちが韓国人参加者のみで構成されるKグループと、韓国以外の国の参加者で構成されるGグループに分かれて熾烈なデビュー競争を繰り広げるもの。

第7回は前週に続きデュアルポジションバトル。短期間に練習生たちが直接ラップの歌詞を書き、ボーカル編曲と振り付け創作もしなければならないだけに、各自の実力はもちろんチームワークに対する重要性が顕著に現れた。この日、Yoonmirae、BIBIの「LAW」チーム(1位パク・ハンビン)は、反復練習を重視する「スパルタ式リーダー」パク・ハンビンの主導で実力を発揮。ワン・ツーハオが創作したエナジェティックな振り付けで会場を釘付けにしした。INFINITE「Man In Love」チーム(1位キム・テレ)は緊密なチームワークの中で本番では観客の熱い応援を引き出すことに成功。

日本人の拓斗(TAKUTO)と大翔(HIROTO)が属するCrushの「Rush Hour」チーム(1位リッキー)は練習方式の違いでギクシャクする姿を見せ、最年少の拓斗は思わず涙する場面も。ところがオ・ソンミンのリーダーシップでパワーアップしたステージを披露した。BE’Oの「Limousine」チーム(1位パク・ジフ)は「BOYS PLANET」で経験したことを反映した率直な歌詞で会場の感嘆を誘った。

(次ページにつづく、下の Next Page などをクリック、またはタップ)


Next Page  1 2

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.