韓スタ!プレゼント!韓スタ!オフィシャルTwitterをフォローしてRTで応募!

【REVIEW】KARA出身の歌手で女優のギュリの映画初出演作『2つの恋愛』(7/9公開)!ギュリと韓国イケメン俳優キム・ジェウクの日本語の会話が見どころ!出演者コメント動画も公開!!


『2つの恋愛』サブ2WSH_0560

日韓で大人気の韓国女性アイドルグループKARA出身の歌手で女優のパク・ギュリがスクリーンデビューを飾り、「コーヒープリンス1号店」などで人気の韓国イケメン俳優キム・ジェウク、韓国女優チェ・ジョンアンと息を合わせた映画『2つの恋愛』(チョ・ソンギュ監督/ファインフィルムズ配給)がいよいよ9日からシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開となる。そこで話題の映画『2つの恋愛』をレビュー!

物語は、キム・ジェウク演じる若手映画監督のインソンが恋人で脚本家のユンジュ(チェ・ジョンアン)と仲よさそうに食事をしたり、話しているところから始まる。ところがその最中、インソンはギュリ演じる元カノのミナとこっそり携帯電話でメッセージのやりとりをしていた。

ミナは東京でライターをしている在日韓国人で、韓国語が話せない。韓国の地方を取材することになり日本語が堪能なインソンに通訳とガイドを頼もうと、韓国の取材場所への泊まりがけの旅行に誘ったのだ。インソンは浮気心も頭にもたげ、恋人のユンジュに一人旅だと嘘をついて、ミナとの地方への旅行に出かけるが…。

カメラが奇をてらった撮り方をせず、日常生活の一コマを切り取るような作風で、まるでギュリやキム・ジェウクのことを少し離れたところから盗み見しているような錯覚にとらわれる。

見どころはギュリとキム・ジェウクの日本語での会話だ。キム・ジェウクは幼少期に東京で暮らしていたことがあり、日本語がびっくりするくらいうまい。またギュリもKARAでの日本の活動でライブのMC、バラエティー番組の出演を日本語でこなしていただけあって、日本語の長台詞もあり、カメラの長回しも多い中、大健闘している。(次ページにつづく)

Next Page  1 2

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.