韓スタ!プレゼント韓スタ!SNSをフォローして豪華プレゼントをゲット!

【インタビュー】韓国新鋭若手俳優パク・セワン×ソン・ゴニ共演!韓国ドラマ「最終兵器アリス」(WATCHAで独占配信中)で殺し屋の女子高生、変人イケメン高校生を好演!「へたり込むまで走らされました」


ゴニ「本作はハードコア・アクションロマンスと謳われていますが、究極的には愛に関する物語だと思います。家族との愛、恋人との愛、そういった深い愛に対する話が込められているので、そういったところも観て欲しいです。本作で僕は非暴力で学校の不良たちを倒したイケメンの変わり者、苦痛を苦痛で忘れるヨルムを演じています。ヨルムは非常に率直で直感的なところがあって、誰よりも単純なキャラクターです」

――最初、台本を読んだ時、どんな感想を持ちましたか?

セワン「初めて台本を読んだ時、風変わりな作品だなって思いました。こんなことってあり得るの?って驚きながら読んでいたのを覚えてます。1回目を読み終えて、本当にビックリしたので3回くらい立て続けに読み直したくらいです。読めば読むほど、今までになかった作品だなって思いました」

ゴニ「僕も読んだ途端、あまりにも面白くてハマってしまって、まるでマンガのようなストーリーだなって思って何度も読み返しました」

――それぞれ、役作りのため準備されたことはありますか?

セワン「撮影に入る前、アクションドラマということもあって、ソ・ソンウォン監督から「とにかく走ること、走れなきゃいけないよ」とおっしゃられて、とにかく走ることが私たちの宿題として課されました(笑)。撮影が始まる前からたくさん運動しましたし、アクションスクールにも通いました」

Next Page  1 2 3 4 5 6 7

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.