韓スタ!プレゼント企画韓スタ!SNSをフォローして豪華プレゼントをゲット!

【インタビュー】韓国の国民的俳優イ・スンギ!主演韓国ドラマ「マウス~ある殺人者の系譜~」(DVD発売中)で正義感溢れる町の巡警を熱演!「19禁ドラマに初挑戦しました!」


「九家(クガ)の書~千年に一度の恋~」「花遊記<ファユギ>」などヒット作に主演し好感度満点の人柄で〝国民の息子〟と呼ばれるイ・スンギと、『1987、ある闘いの真実』『KCIA 南山の部長たち』の韓国実力派俳優イ・ヒジュンが初共演し、俳優人生のすべてをかけて挑む衝撃のクライム・サスペンス、韓国ドラマ「マウス~ある殺人者の系譜~」のDVDが好評リリース中。本作でイ・スンギは俳優人生初めての難役を熱演、善良そのものの正義漢で誰からも愛される町の巡警チョン・バルムを演じた。そこでDVDの好評リリースを記念して、イ・スンギのインタビューをお届け!

――まずは、日本のみなさんにご挨拶をお願いします

スンギ「「マウス~ある殺人者の系譜~」でチョン・バルム役を演じるイ・スンギです。撮影初日は警官の制服を着て撮影しました。僕は俳優として一度、制服を着て演じてみたいという夢がありましたが、今回のドラマで夢が叶いました。本作が視聴者の皆さんにとってどんな作品になるのか、僕の俳優人生のフィルモグラフィに残る作品になるのではないかと期待しています。

――〝国民の息子〟チョン・バルムの魅力はどんなところですか?

スンギ「チョン・バルムという名前は韓国語で〝本当に正しい〟という意味なのですが、その名前の通り、町のどこかに一人はあんな警官がいてくれたらいいなあと思える純粋さが最大の魅力です。そこが長所でもあり、短所でもあります。とても善良なので、少し騙されやすいように見えますね」(次ページにつづく)

Next Page  1 2 3

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.