韓スタ!プレゼント!韓スタ!読者プレゼント企画好評実施中!

【インタビュー】セクシートロット歌手、チャンミ(薔薇)!ゴールドの手袋の愛嬌ダンスと甘い歌声で新曲「Honey」がヒットの兆し!「手袋をはめて、ワンダーウーマンみたいだって言われています♡」


jm04

――なるほど、チャンミさんにぴったりな名前ですね

「(うれしそうに笑って)ありがとうございます」

――そしてチャンミさんは去年8月にリリースした「Honey」が今年のお正月からの音楽番組の出演の影響もあり、じわりと人気が出ていますね?

「ホント、一日一日がとてもいい日で、信じられないくらいです。だって7年ぶりに新曲を出して、多くの人が新曲『Honey』の歌や振り付け、衣装などにすごく関心を寄せてくれて、『Honey』の歌詞みたいに甘い蜂蜜のような毎日を過ごしています(笑)」

――リリースは8月でしたが、なぜ、今年初めから音楽番組に出演するようになったのですか? やはり昨年の〝夏のガールズグループ大戦〟の影響ですか?

「いいえ、ガールズグループ大戦の影響ではないんです。『Honey』はセミトロットというジャンルなので、まず地方を中心に活動して、全国放送の音楽番組に出るようにしたので、放送活動は今年初めからとなったんです。地方で実力を磨いて放送活動を始めたので、より多くの人に覚えてもらって、幅広い年齢の方の関心と愛を受けることができたようです。そのためか最近とても幸せです」

――やはり、なんと言っても「Honey」のステージ衣装のゴールドの手袋がすごいインパクトですね? そもそも誰のアイデアなんですか?

「社長の発案です。『Honey』の振り付けは手の動作が多くて、どうしたら振り付けをより際立たせられるか考えて、社長が閃いたんです! 衣装も既製服じゃなくて制作して。ゴールドの手袋をはめてから、ワンダーウーマンみたいだとか、私のスタイルもすごくいいって最近よく言われるようになりました。ホント、手袋をはめただけなんですけど!」

――もちろん手袋だけでなく、曲も素敵ですが、改めて新曲「Honey」はどんな曲か教えてもらえますか?

「『Honey』は一生に一度、あるかないかの運命的な恋を、甘い蜂蜜にたとえた曲です。ミディアムテンポのセミトロットなので、どの世代にも受け入れられると思いますし、中毒性のあるメロディーと軽快なブラスセッションが相まって、いつ聞いても楽しめる曲です」

Next Page  1 2 3 4 5 6

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.