韓スタ!3周年企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【インタビュー】韓国イケメン俳優キム・レウォン!出演映画「江南ブルース」(10.17公開)でトップを目指すヤクザな男を熱演!「役作りの減量はカッコいい体を見せるためではありません(笑)」


サブ7

ドラマ「屋根部屋のネコ」や「ラブストーリー・イン・ハーバード」などで日本でも大人気の韓国イケメン俳優キム・レウォン。そんなレウォンがイ・ミンホ(☜インタビューはクリック)と共演を果たし、大ヒットした映画「江南ブルース」(ユ・ハ監督/クロックワークス配給)が10月17日からシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかで全国ロードショーとなる。
「江南ブルース」でレウォンは1970年代の江南を舞台に孤児出身でトップの座に上りつめようとする、ヨンギを凄みのある演技で演じ上げている。また韓国で本作の公開と同時期に放送となったレウォン主演のSBSドラマ「パンチ」もヒット! そんなノリに乗ってるレウォンに映画「江南ブルース」について聞いた!

――まずは映画「江南ブルース」に出演を決めた理由から教えてください

「最初にシナリオを読んで、とても面白いと思いました。今の江南が開発される過程が描かれていますが、そこが僕にはとても興味深かったんです。それに何より、ユ・ハ監督の作品が大好きなんです。それで出演を決めましたね」

《「江南ブルース」はユ・ハ監督の「マルチュク青春通り」、「卑劣な街」に次ぐ〝街3部作〟の完結編となっている》

――本作では、イ・ミンホさん演じるジョンデの兄同然の存在で、共にトップを目指すペク・ヨンギを演じられました。役のために特に注意した点などありますか?

「ペク・ヨンギというキャラクターは、シナリオを読んだだけでも十分にインパクトがありました。ですが、撮影を進めていくなかで、より立体的になっていったと思います。監督からのアドバイスもありました。僕も声のトーンなどを現場で調整しながら、より生身の人間らしく演じられたと思います」(次ページに続く)

Next Page  1 2 3

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.