韓スタ!4周年企画!3/11韓スタ!オープン4周年記念プレゼント企画など実施

【インタビュー】少女時代メンバー、韓国歌手で女優のスヨン!主演日韓合作映画『デッドエンドの思い出』(2/16公開)で名古屋に来る韓国人女性を熱演!「今日までの積み重ねが〝自分の中の宝物〟です」


日韓で人気の韓国ガールズグループ、少女時代出身で韓国ドラマ「私の人生の春の日」などで人気の韓国歌手で女優のスヨンが映画初主演を飾った日韓合作映画『デッドエンドの思い出』(チェ・ヒョンヨン監督/アーク・フィルムズ配給)が2月16日(土)から新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーとなる。
デッドエンドの思い出』はよしもとばななの同名小説(文春文庫刊)を原作に、スヨン演じる音信不通となった恋人を訪ね韓国から名古屋にやってきた韓国人女性のユミが傷つきさまよい、たどり着いた古民家を改造した「エンドポイント(=行き止まり)」というカフェ&ゲストハウスでカフェのオーナー(田中俊介(BOYS AND MEN))らと触れ合う物語。スヨンは主人公のユミを透明感溢れるリアルな演技で魅せた。そんなスヨンを都内で直撃。早春のような優しく温かい笑みを浮かべて映画のことをほぼ全て日本語で話してくれた。

――まず、はじめて本作『デッドエンドの思い出』の台本を読んだ時の感想から教えてください

「(日本語で)私は子供の時からよしもとばなな先生の作品の大ファンで、『デッドエンドの思い出』は先生の短編の中で、先生が一番好きな作品だって聞いて、すごく楽しんで読みました。韓国語に翻訳された原作と台本を読んで、女性なら誰でも共感できる心の流れがとても響いてきて、私はそれを上手く表現できるかなって悩んだり、単に男女の別れだけでなく、いろんな心の痛み、傷ついた人や若い人たちが慰められるような内容がたくさん入っていて私自身も癒やされました」(次ページにつづく)

Next Page  1 2 3 4 5 6

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.