韓スタ!プレゼント企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【インタビュー】韓国イケメン実力派俳優チョン・ウソン!出演韓国映画『ザ・キング』(3/10公開)で欲にまみれた部長検事を熱演!「真面目な話を最大限、愉快に表現しようと思いました」


『アシュラ』(☜インタビューはクリック)、『愛のタリオ』(☜インタビューはクリック)などで日本でも人気の韓国イケメン実力派俳優チョン・ウソンが「バリでの出来事」、「大丈夫、愛だ」の韓国イケメン実力派俳優チョ・インソン(☜インタビューはクリック)と共演して話題の韓国映画『ザ・キング』(ハン・ジェリム監督/ツイン配給)が3月10日(土)からシネマート新宿ほか全国順次ロードショーとなる。
本作『ザ・キング』でチョン・ウソンは華麗な功績を重ねた職務の裏で誰もが恐れる極悪の限りを尽くす検事部長ハン・ガンシクを熱演した。そこで映画の日本公開を記念してチョン・ウソンのインタビューをお届け!

――本作『ザ・キング』にチョン・ウソンさんが出演を決めた理由は何ですか?

「チョ・インソンさん、ぺ・ソンウさんと一緒だと聞いて、すぐに出演することを決めました。チョ・インソンさんは後輩ですが、同僚として接する撮影現場では責任感のある行動を取っていました。ペ・ソンウさんは〝場面〟そのものといった存在。彼が持っているポジティブで明るいエネルギーそのものが撮影現場全体に伝わって、良い雰囲気を作ることができる器の大きな俳優だと思いました。リュ・ジュンヨルさんは忠実で熱心な姿にとても感心しました。将来有望な後輩ですね」

――悪の限りを尽くすエリート検事ハン・ガンシクを演じられましたが、キャラクターについて監督と論議したことはありますか?

「法を執行する検察の姿を描いていますが、映画のトーンや流儀、シナリオ展開が典型的ではありませんでした。ですから真面目な話を最大限、愉快に表現するために話し合いましたね」(次ページにつづく)

Next Page  1 2 3

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.