韓スタ!プレゼント企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【REVIEW】韓国実力派俳優シン・ハギュン×コ・ス出演の韓国戦争映画『高地戦』(10/27公開)!コ・スが戦争の狂気に取りつかれた男を熱演!


韓国実力派俳優シン・ハギュンと韓国イケメン俳優コ・スが共演し、朝鮮戦争の知られざる戦闘を描いた『高地戦』(チャン・フン監督/ツイン配給)が10月27日にシネマート新宿、シネマート六本木ほかにて公開となる。

本作『高地戦』は韓国で観客動員人数300万人の大ヒット作で、ハギュンはナイーブさの残る諜報隊員カン中尉を演じ、コ・スはその学友で3年前に生き別れたスヒョクを演じる。舞台は1953年、朝鮮戦争末期の東部戦線最前方のエロック高地。勇猛果敢な〝ワニ中隊〟が投入されていたが、隊の中に北への内通者がいるとの疑惑が浮上する。カン中尉は真偽を探るべくエロック高地に赴き、スヒョクと再会を果たす。ところがスヒョクは以前の気弱な若者の面影などない屈強な兵士に変貌していた…。

米映画『プラトーン』、『フルメタルジャケット』を彷彿とさせる一級品の戦争映画で、激しい戦闘シーンが見所となっている。そのため苦手に思う人もいるだろうが、一番の見所はコ・ス! 甘いマスクの彼がそのイメージとは全く違う戦争の狂気にとりつかれた男を熱演している。また3回のオーディションの末、ワニ中隊の青年大尉役を射止めたイ・ジェフンのクールなイケメンぶりも見逃せない。さらに『渇き』の韓国美人女優キム・オクビンが北朝鮮人民軍の謎の兵士役で存在感ある演技で魅せている。

©2011 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND TPS COMPANY ALL RIGHTS RESERVED.
文・中村樹基(脚本家「世にも奇妙な物語」など)

Top Page

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.