世にも奇妙な物語 寺島10/14(土) 21時~放送記念スペシャル企画開催!

【インタビュー】韓国人気実力派俳優パク・ソンウン!「リメンバー~記憶の彼方へ~」(DVD発売中)でヤクザ上がりの弁護士を熱演!「僕はもともと可愛らしい人間です(笑)」


――今後、挑戦したいジャンルや役柄がありますか?

「父と息子の話で感動的な父性を扱った話などをやってみたいです。それから、コミカルな演技も。外から見れば普通なのに、何をやっても2%が不足しているハッタリ、人間味溢れるけれども笑いを誘う、そんなキャラクターを演じてみたいです。僕のロールモデルはロバート・デ・ニーロです。何十年もの間、本当に様々なキャラクターを演じる姿が素晴らしいです。人間パク・ソンウンはひとりですが、俳優パク・ソンウンは数十人、数百人でありたいんです。長い間、無名時代があって大変でしたが、今はできることが多いじゃないですか。与えられる役割、そして僕を探して役をくださること、一つひとつに感謝しながら、ベストを尽くそうと努力しています」

――最後に、日本のファンに「リメンバー」の見どころ、一番見てほしいシーンがありましたら紹介をお願いします!

「最終回に納骨堂で嗚咽するシーンです。立体的なキャラクターなので、これまで感情を抑制しなければいけなかったけれども、そのシーンでは、感情を最後まで出し切りました。あの日、撮影現場に到着するとすぐに涙が出ました。衣装もメイクもしていなかったのに、撮影前から涙をこらえるのに大変でした。撮影に入って、ジヌの最初のセリフを聞くや否や、本当にとうとうと泣きました。多くの視聴者の方々も泣かれたと聞きました。視聴者の方々に喜怒哀楽をもたらすのが俳優の役目ですが、僕に、またそれほどの没頭できる力をくれたこの作品に感謝しています。日本の視聴者の皆さんがどうご覧になるか、大変楽しみです」

◇プロフィール

1973年1月9日生まれ。
97年映画『NO.3』でデビュー。07年「太王四神記」で注目を集め、10年「製パン王キム・タック」で高い人気を得る。その後も『新しき世界』、『皇帝のために』、『無頼漢 渇いた罪』など多くのドラマや映画に出演、強烈なカリスマを持つベテラン俳優。

Next Page  1 2 3 4 5 6

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.