韓スタ!読者プレゼント!韓スタ!SNSをフォローして豪華プレゼントをゲット!

【REVIEW】ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019 審査員特別賞受賞!韓国映画『赤い原罪』公開中!古いヨーロッパの怪奇映画の味わいも!


『哭声/コクソン』をはじめ多くの韓国映画に出演している韓国実力派俳優ペク・スンチョルが主演し、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019 審査員特別賞を受賞した韓国映画『赤い原罪』(ムン・シング監督/ガチンコ・フィルム配給)が公開中だ。

現在、漁村の教会に品の良さそうな白髪の女性が訪ねてくる。その女性は40年前にその教会に修道女として務めていた女性で、神父に40年前に何が起こったか語りはじめる。ある日、彼女(キム・サンオク)はその漁村に赴任してくるが、障害を抱え杖なしでは歩けない男(ペク・スンチョル)と、時折発作に苦しむ14才の娘(イ・ヒョンジュ)が学校を辞め力仕事でなんとか生計をたてていた。新任の修道女は極貧の中で暮らす父娘を救いたいと手を差し伸べるが、拒絶されてしまう。(次ページにつづく)

Next Page  1 2

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.