韓スタ!読者プレゼント!韓スタ!SNSをフォローして豪華プレゼントをゲット!

【インタビュー】Popteen発!日韓プロデューサーによりデビューのガールズダンス&ボーカルユニットMAGICOUR!ナナメ上を行く活動を展開中!「モデルとアーティストの2つの顔を持ってます」


――「Getcha」のミュージックビデオの見どころは?

RICOPA「『Getcha』はダンスだけのパフォーマンスビデオになるんですけど、この5人は元々みんなダンスが好きな5人でダンスだけで見せるというのがポイントだと思います。ソロパートもあって、それぞれが主役にもなれるし、参加しなかった3人も現場にいて違っているところを教えてくれたり、8人全員で作った作品です。撮影直前まで先生に怒られて、撮影の時も体力の限界までめちゃくちゃいっぱい踊りました(笑)」

――「Getcha」のミュージックビデオでは韓国デビュー挑戦ミッションを行いましたが?

YUA「そうです。『Getcha』のパフォーマンスビデオが2週間で50万回再生を達成したら、『MAGIC』の韓国語バージョンで韓国デビューするという挑戦だったんですけど、結果は悔しくも達成できませんでした。今の自分たちの実力では及ばなかったので、改めて自分たちが成長した姿で挑戦できたらなって思ってます」

――最新曲「Our Days ft.YOHIKI EZAKI」はどんな曲ですか?

YUME「『Our Days』は今までのバリバリ踊って、行くぞ! 負けるなっていう曲とは違って、しっとりとした卒業ソングになってます。作詞にメンバー全員が参加していて自分の今の想いを込めた曲になってます。実際、学校を卒業したメンバーもいて、歌詞に〝半分隠れた顔 分かり合えるかな〟ってあって、マスクで半分隠れた顔のことなんですけど、今のご時世だから悩んでることもあるし、出来ることもあるって伝えている曲で、皆さんがリアルに共感できるんじゃないかなって思います」

Next Page  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.