韓スタ!プレゼント!韓スタ!オフィシャルTwitterをフォローしてRTで応募!

【音楽番組レポ】グローバルガールズグループ(G)I-DLE!「M COUNTDOWN」で新曲「火花」を初披露!春を呼ぶ雪の精霊たちの情熱的なカムバックステージ!


写真©CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved
2019年7月に日本メジャーデビューを果たしたグローバルガールズグループ(G)I-DLE(ジー・アイドゥル)が、1月14日(木)にCS放送Mnetで日韓同時生放送された韓国人気音楽番組「M COUNTDOWN」に出演し、韓国で1月11日(月)にリリースした4thミニアルバム『I burn』のタイトル曲「火花」を初披露した。

(G)I-DLEはメンバーのソヨンを中心に自分たちの曲を作詞作曲する〝自作曲アイドル〟であり、2019年に韓国と日本で放送され、大きな話題を呼んだK-POPガールズグループのカムバックバトル番組「Queendom」に出演し、高いパフォーマンス力、独自のスタイル感あるステージで評価された。

この日のMカでは、番組冒頭の本日の見どころ紹介のコーナーに出演。さらに背面の巨大ビジョンにリモート参加したたくさんのファンを映しながら行われたミニファンミに登場し、あいうえお作文で新ミニアルバムの紹介をし、ファンの質問にも答えた。

そして番組終盤にいよいよカムバックステージを披露。本ミニアルバムは別れから幸せを取り戻すまでの様々な感情が盛り込まれたアルバムとなっている。

メンバーは白いロングドレスを纏って、冬の雪山を思わせるセットに、まさに雪の精霊のように静かに座って登場したイントロから、タイトル曲「火花」(HWAA)のパフォーマンスを開始。同曲は東洋風の楽器を加えた、冬の凍てつく雰囲気を感じさせるムンバートンジャンルの曲だ。(次ページにつづく)

Next Page  1 2

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.