韓スタ!プレゼント韓スタ!SNSをフォローして豪華プレゼントをゲット!

【インタビュー】韓国で活動するキュートすぎる日本人ソロアーティストYUKIKA(寺本來可)!新曲「SOUL LADY」で約1年ぶりのカムバック!「シティポップは幼い頃から当たり前に聴いてた音楽です」


――まさに「SOUL LADY」はシティポップの名品というべき仕上がりで、80年代の日本の歌謡曲をオンタイムで聴いていた私には懐かしさがいっぱいです。YUKIKAさんが生まれる前のサウンドですがいかがですか?

「私にとってはシティポップというよりは幼い頃から当たり前に聴いていた昔の音楽といった感じです。私は小さいころから音楽に限らず映画なども日本や海外の作品すべて50年代からのレトロなものが好きで、特に母や姉の影響で80年代のアニメ、映画、音楽は私の家では定番といった感じでした。なので私の生まれる前の音楽ですけど、小さい頃から聴いていた分、私も懐かしさを感じます(笑)」

――YUKIKAさんは2019年の韓国でのソロデビュー以来、シティポップを歌い続けています。今、シティポップが世界的な人気を得ていますが?

「数年前から海外でシティポップと呼ばれて注目され始めた時、すごく不思議な気持ちでした。海外の方からのおススメで聴き始めた曲もあって、自分の好きだったジャンルを通して文化交流をするのは楽しくて幸せなことだなって思ってます」

――さきほど、ソウルに住んでいるある女性の生き方をモデルにしたとおっしゃいましたが、どういう風にモデルにされたんですか?

「私も含めてなんですけど、私みたいなソウルへ移住し今住んでいるみんなの気持ちや生活感を表現しました。社長がいつも〝ソウルに住んでいる全ての女性がSOUL LADYだ〟と言っているのもあって、韓国の地方から来た人も、私みたいに外国から来た人もほぼ同じ経験や感想などを持っていると思って、それを歌詞のストーリーにしました。特に歌詞の中に♪堂々と魅力のある~という部分は私の考える〝SOUL LADY〟に近い部分なのでそういう女性になりたいです」

Next Page  1 2 3 4 5 6 7 8

Tags:
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.