韓スタ!5周年韓スタ!5周年プレゼント企画実施!奮ってご応募ください

【音楽番組レポ】韓国で活動するキュートすぎる日本人ソロアーティストYUKIKA!「M COUNTDOWN」で世界的に注目されるシティポップの新曲「SOUL LADY」を披露!


写真© CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved
昨年2019年2月に韓国1stシングル「NEON」でソロデビューを果たした、韓国で活動する日本人ソロアーティスト、YUKIKA(寺本來可)が、7月23日(木)にCS放送Mnetで日韓同時生放送された韓国人気音楽番組「M COUNTDOWN」に出演し、7月21日(火)にリリースした、自身初のフルアルバム『SOUL LADY』の同名タイトル曲を披露した。

YUKIKAは日本で雑誌「ニコラ」のモデルなどで活躍した後、単身、韓国に渡り、韓国ガールズグループReal Girls Project(RGP)のメンバーとして音楽活動の他、ドラマに出演するなど活躍した。

Mカのステージでは、花柄のトップスに黒のミニスカートの衣装で、4人の女性ダンサーを伴って登場。タイトル曲「SOUL LADY」は、夢を求めて韓国に渡ったYUKIKAの自伝的な内容が込められた軽快なリズムのシティポップジャンルの曲。

シティポップとは、日本の80年代に全盛期を迎えた、都会的で洗練されたオシャレな雰囲気があるが、どこか懐かしく聴いていると癒される音楽ジャンル。日本の80年代の歌謡曲の中でも特にニューミュージックがそれで、今では呼び名がシティポップと変わり、今世界的な注目を浴びている。YUKIKAはソロデビュー曲の「NEON」以来、シティポップの楽曲を歌い続けているが、そのためか、黒い背景にピンクやブルーの光のラインが走り、夜のソウルの街並みを思わせるセットが、日本の80年代の音楽番組のステージのように見えてしまう。

YUKIKAはキュートな笑顔を浮べ、歌詞の雰囲気に合わせて女性ダンサーたちと大きな星形を作ったり、千手観音のように手をヒラヒラさせたりと美しいフォーメーションダンスで魅せた。(次ページにつづく)

Next Page  1 2

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.