韓スタ!プレゼント韓スタ!SNSをフォローして豪華プレゼントをゲット!

【インタビュー】「ミセン―未生―」(DVD-BOX2 11/27発売)で大ブレイク!韓国イケメン俳優カン・ハヌル!「僕自身はブレイクしたって実感がないんです」


_N7A3153

ドラマ「花ざかりの君たちへ」、「相続者たち」など話題作に出演し、ZE:Aのイム・シワン主演の「ミセン―未生―」でブレイクしトップスターの仲間入りを果たした韓国イケメン俳優カン・ハヌル。
「ミセン」では会社員としての完璧なスキルを持つチャン・ベッキを好演した。
そのDVD BOX2が11月27日に発売。また2PMのジュノ、キム・ウビンらと共演して話題の映画「二十歳」も28日から公開されるなど、カン・ハヌルの日本での注目度は急上昇中だ! そこでカン・ハヌルが「ミセン」について真摯に語るインタビューをお届けする!

――まずは「ミセン―未生―」の出演オファーを受けた時の気持ちを教えてください

「ドラマ『モンスター~私だけのラブスター~』という作品でキム・ウォンソク監督に初めてお会いしたんですが、そのウォンソク監督から出演依頼をいただきました。『ミセン』はウェブ漫画が好きな方なら、誰でも共感すると思います。でも皆さん、自分が好きなウェブ漫画を原作にドラマや映画が作られるとき期待もしますが、心配にもなるじゃないですか。僕も同じでした。原作『ミセン』の大ファンでしたし…。最初はそのプレッシャーのせいで、僕がやるべきではないという思いもありました。僕がとても大好きな作品をダメにしてしまうような気がして…。『やめようかな』とも思ったんですが、僕の人生で一度は必ず挑戦してみたい作品だと思いが大きくて、挑戦しました。できるだけうまく表現しようと、たくさん努力しました」

――初めて台本を読んだ感想はいかがでしたか?

「台本の印象は本当に良かったと思います。完ぺきとまでは言いませんが、ほぼ完ぺきに近かったと思います」

Next Page  1 2 3 4 5 6 7

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.