韓スタ!読者プレゼント!韓スタ!SNSをフォローして豪華プレゼントをゲット!

【インタビュー】歌手で女優の知英!主演映画『殺る女』(10/27公開)で美しき殺し屋を少ないセリフでクールに熱演!「アクションシーンでぶつけて痣が出来てしまいました」


――銃のアクション以外で大変だったシーンはありますか?

「愛子が犯人を探し続けていく課程で、殺し屋なので、いろいろな殺人のミッションを与えられるんですけど、ホテルで外国人を殺すシーンがあって、代役なしで私がアクションも演じたんですけど、本当に相手の方の体がものすごく大きくて! 力も強くて、『遠慮しなくていいよ』って言ってくれて、私も遠慮しなかったんですけど、相手も遠慮しなかったので(笑)、お互い激しいアクションになって、撮影の時、ぶつけて痣とか出来ましたね」

――これまでクールで静かな愛子がラストで一気に感情を爆発させ、本作の見どころの1つにもなっていますが、どのような準備をされて演じたんですか?

「実は最後のシーンは、現場で監督から変えたいんだけどと話があったんです。事前に演技の準備をしたんじゃなくて、今まで愛子が1人で生きてきて、寂しいけど誰にも頼れず、一番信用していた友達(シャリース扮)も亡くなり、でも耐えて耐えて復讐をやり遂げるという愛子の気持ちを現場で考えました。子供の頃、本当に両親に愛されて育ってきた愛子なので、親からの愛も知っているし、その中でも残酷にならないといけなかった愛子の気持ちを大事にして、監督と相談して演じました」

――本作の知英さんはクールで美しく、目力のある演技を披露して『キル・ビル』のタランティーノ監督のミューズとして知られる『修羅雪姫』などの名女優、梶芽衣子さんを彷彿とさせました

「(検索して写真を見て)、あぁ、すごくきれいな方ですね。でもクールにいようとか意識したことはなくて、監督がずっと言っていたのは『感情がない人に見えて欲しい』で、〝ロボットだったらどうだったんだろうか? 私はロボットだ〟って思いながら演じました」

Next Page  1 2 3 4 5

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.