韓スタ!プレゼント韓スタ!SNSをフォローして豪華プレゼントをゲット!

【インタビュー】韓国人気イケメン俳優チソン!主演映画『コンフェッション 友の告白』(8/1公開)で正義感の強い消防士を熱演!「実はチュ・ジフンとイ・グァンスにいい先入観がなかったんです!」


「コンフェッション」場面写真

「秘密」、映画『マイPSパートナー』などで人気の正統派二枚目俳優チソンがチュ・ジフン、イ・グァンスと豪華競演したことで話題の映画『コンフェッション 友の告白』(イ・ドユン監督/ツイン配給)がいよいよ8月1日からシネマート新宿ほか全国順次ロードショーとなる。同作は少年時代の雪山での遭難事故を乗り越え、固い友情で結ばれた3人が、強盗放火事件を契機に衝撃のラストを迎える物語。チソンは個性が全く違う3人の中の、マジメで正義感の強いヒョンテを緻密に演じ上げた。そんなチソンに映画「コンフェッション 友の告白」について訊いた!

――映画『コンフェッション 友の告白』に出演を決めた理由は何ですか?

「物語がよくありがちなノワール(犯罪映画)でない点が良かったですし、平凡な素材も十分刺激的にできるのだと新鮮に感じました。この映画のメインが犯人捜しの話であれば、映画が良いものにはならないと思いました」

――チソンさんは正義感あふれるヒョンテを演じられましたが、どう役作りをされたんですか?

「監督から手紙を一通もらいました。その手紙は質問ばかり羅列されたもので、答えが書いてありませんでした。”ヒョンテはどうして聴覚障害者の女性と結婚したのか?”、”思春期に友を誤解してしまった申し訳なさや、自分が生き残るため友を置き去りにしそうになった罪悪感などが、成長期のヒョンテにどのような影響を与えたのか?”などでした。それらがあったからこそ、監督の意図するように自然とヒョンテというキャラクターをつくることができました」

――本作では、ヒョンテの感情があまり表に出ないような演出がなされていますが?

「もともとヒョンテに対する説明や、彼が感情をむき出しにするシーンは多くなかったので、演じていて自分の中に表現できないイライラが溜まっていくだろうということは予想していました。でも逆に、この映画で僕が任された役割こそ、それだと思ったのです。物語全体の舵をとる役割ですね。最初からストーリーの流れにおいて、ヒョンテだけがフィーチャーされるのはダメだと判断しました。チュ・ジフンとイ・グァンス、この二人をサポートしたかったのです。僕があえて誇張してしまうとバランスが崩れるので、コントロールが必要でした」

Next Page  1 2 3

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.