韓スタ!プレゼント韓スタ!公式Xをフォローして豪華プレゼントを当てよう!

【インタビュー】時代劇王子!韓国人気イケメン俳優イ・ジュンギ!主演歴史ドラマ「朝鮮ガンマン」(DVD発売中)で一人二役に挑戦!「このドラマは僕からのギフトセットです!」


「朝鮮ガンマン」場面写真

――時代劇は今までも多くの作品に出演されてきましたが、イ・ジュンギさんが感じる「朝鮮ガンマン」の他の時代劇との違いを教えてください

「『朝鮮ガンマン』は時代が入れ替わる混乱期を生きる若者たちの話がベースになっているという点は、当然他の時代劇とは違うと思います。そういう時代が描かれたことがなかったので視聴者の方々も興味を持ってくださったんだと思います。僕たち出演陣、監督をはじめとする制作陣もそんな部分に面白さを感じながら撮影しました。ですから、そういう面を作り上げるための努力や悩みも多くて、プレッシャーもありました。もっと描けたのに逃してしまった部分も多かったと思います」

これまでとは違う時代劇

「期待やわくわくする感情、達成感もあったんですが、描きたいものがたくさんありすぎて描ききれなかったことが残念だったり、さまざまな感情が入り混じった作品でもありました。そういう点でもこれまでの時代劇とは違っていたと思います。僕がこの作品を選んだ理由も、そんな違いから選びました」

―「朝鮮ガンマン」では銃を使用するシーンも見所だと思いますが、ジュンギさんが特に印象に残るエピソードはありますか?

「一番はやっぱりライフルを回すシーンでしょう(笑)。視聴者の方から〝早くライフル撃たなきゃ! 何で回してるの?〟と言われたんですが(笑)、もちろんその言葉も間違いではないんですけど、もっとドラマ的な面白さを見せるためにその動作を加えたんです。華やかにも見えますし。劇中で緊張感が必要なシーンでは速い動きも見せましたが、あまり簡単なことではありません。銃も重いので思ったとおりに回らないですし、力がないと手を怪我することもあります。だから、序盤でその練習をする時は少し大変でしたね。ずっと回す練習をしていると、銃の重みと鉄が指に擦れるので中指の皮膚が傷ついたんです。痛みで回すのが大変になったんですが、すぐに撮影しなきゃいけないからまた練習して…」

――どうして、そんなに頑張れたんですか?

「馬に乗って銃を撃つシーンは、監督やスタッフの方々に止められました。落馬でもしたら、撮影が中断する大事故になりますし、放送ができなくなるかもしれません。それくらい怪我をしたら非常に深刻な状況になります。でも、欲がありました。監督やスタッフの方々はとても心配をしてくださったんですが、欲が沸いてがんばりました」

Next Page  1 2 3 4 5 6

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.