✨韓スタ!プレゼント韓スタ!公式Twitterアカウントをフォローして豪華プレゼントを当てよう!

【イベントレポ】韓国実力派俳優イ・ソンミンがベテラン刑事を熱演!韓国ドラマ「刑事ロク 最後の心理戦」ディズニープラスで好評配信中!制作発表会見開催!


「愛の不時着」「ヴィンチェンツォ」などを手掛けたスタジオドラゴンが制作する、刑事サスペンス!韓国ドラマ「刑事ロク 最後の心理戦」が、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のコンテンツブランド「スター」で10月26日(水)から独占配信中(全8話/毎週水曜日に2話ずつ配信)。今回、韓国で行われた制作発表会見のレポートをお届け!10月25日に韓国で行われた制作発表会にはイ・ソンミン、チン・グ、キョン・スジン、イ・ハクジュ、そしてハン・ドンファ監督が登壇し約1時間にわたりドラマのPRを行った。

本作「刑事ロク 最後の心理戦」は、突然同僚殺しの容疑者に仕立て上げられてしまったベテラン刑事テクロクが、正体不明の脅迫犯〝友(チング)〟を捕まえるため奮闘するミステリー捜査劇。

俳優陣には、まず自身が演じたキャラクターについて説明をしてもらうことに。主人公のキム・テクロク役を演じるイ・ソンミンは、「(テクロクは)退職を目前に控えた、年老いた刑事です。有能で、退職後はゆっくり過ごそうと思っていたところ、〝友(チング)〟と名乗る人物から一本の電話がかかってきます。〝友(チング)〟に同僚殺しの容疑者に仕立て上げられてしまったテクロクは、〝友(チング)〟を捕まえるために、自分が過去に捜査した事件の中から〝友(チング)〟の手掛かりを探し、〝友(チング)〟を追跡します。テクロクは、若い頃のあるトラウマのせいでパニック障害を患っており、同僚たちがけがをしたり、被害を受けたりすることを極度に嫌う人物です。感情の変化、心情の変化、パニック障害の症状が出た時の表現など、血圧の上がる演技を多く要求される役でした」と説明した。

(次ページにつづく、下の Next Page などをクリック)


Next Page  1 2 3

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.