韓スタ!7周年!企画韓スタ!SNSをフォローして豪華プレゼントをゲット!

【番組レポ】Brave Girls、VIVIZ、宇宙少女、LOONA、Kep1er、ヒョリンが真剣バトル!「QUEENDOM 2」ABEMAで無料放送中!コラボステージをレポート!


©CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved
2019年に大きな話題となった「Queendom」のシリーズ2作目、2022年を代表するK-POP界の女王の座を懸けパフォーマンス対決を繰り広げるサバイバル番組「QUEENDOM 2」が、ABEMA SPECIAL3チャンネルで日韓同時、独占無料放送中。今シーズンではBrave Girls(ブレイブ ガールズ)、VIVIZ(ビビジ)、宇宙少女、LOONA(今月の少女)、Kep1er(ケプラー)、ヒョリンの6組が火花を散らしている。MCは少女時代のテヨンが担当。今回、第5話、第6話で放送されたコラボステージを中心にレポート!

第5話の放送では、ダンス棟とボーカル棟に分かれてワークショップを開催。ダンス棟では、Brave GirlsとLOONAが「タミナ」を、宇宙少女とヒョリンが「KA BOOM!」を、Kep1erとVIVIZが「Purr」を披露することが決定。1人で本番組に参加しているヒョリンは、ボーカル棟にも参加することになり、こちらもワークショップの結果、LOONAとKep1erのユニット太陽と月、VIVIZと宇宙少女のユニット宇宙を抱く銀河、ヒョリンとBrave Girlのユニット33がそれぞれ結成された。そして真新しいチームが結成されたその夜、中間評価が行われボーカルユニットが曲の一部を披露。結成したばかりのチームであるものの、さすがはプロ。ほぼ完成された歌声を披露し、ユニットに参加していないメンバー、視聴者を魅了した。

そして第6話ではダンスユニットの練習と中間評価、ボーカルユニットのパフォーマンス本番の様子を放送。各ダンスユニットのオリジナルの振り付け兼講師として、韓国で放送され社会現象にもなったダンスサバイバル番組「STREET WOMAN FIGHTER」に出演していたダンスクルーたちが登場した。(次ページにつづく)

Next Page  1 2

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.