韓スタ!7周年!企画韓スタ!SNSをフォローして豪華プレゼントをゲット!

【番組レポ】Brave Girls、VIVIZ、宇宙少女、LOONA、Kep1er、ヒョリンが真剣バトル!「QUEENDOM 2」ABEMAで日韓同時 日本語字幕付きで国内独占無料放送中!


VIVIZ ©CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved
2019年に大きな話題となった「Queendom」のシリーズ2作目、2022年を代表するK-POP界の女王の座を懸けパフォーマンス対決を繰り広げるサバイバル番組「QUEENDOM 2」が、ABEMA SPECIAL3チャンネルで日韓同時、独占無料放送中。今シーズンではBrave Girls(ブレイブ ガールズ)、VIVIZ(ビビジ)、宇宙少女、LOONA(今月の少女)、Kep1er(ケプラー)、ヒョリンの6組が火花を散らしている。MCは少女時代のテヨンが担当。一挙、第1話から第5話までのレポートをお届け!

✨第1話

初回放送では今回の参加グループ計6組が対面を果たし、早速1次バトルで競うライバルグループを指名することに。1次バトルでは、自分たちの代表曲をリメイクしたパフォーマンスを行い、まずVIVIZ、ヒョリンの2組がパフォーマンスを披露した。

1次ステージのトップバッターを務めたのはVIVIZ。2015年にデビューし、6年間GFRIEND(ジーフレンド)として活動した後、新たなスタートを切った3人。「私たちはVIVIZでありながら、同時にGFRIENDでもある。GFRIENDの名に恥じないよう、何倍も努力します」と意気込みを語り、ステージへ。

「Time for the Moon Night」(タイム フォー ザ ムーン ナイト)「Rough」(ラフ)の2曲を披露し、会場を感動の渦で包み込み、パフォーマンスを終えると、「観客席を見たら、観客の方が泣いていて、それを見て泣きそうになりました」と振り返った。(次ページにつづく)

Next Page  1 2 3 4 5

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.