韓スタ!プレゼント韓スタ!SNSをフォローして豪華プレゼントをゲット!

【インタビュー】キュートなK-POPシンガーソングライターで女優のキム・セジョン!2ndミニのタイトル曲「Warning」で癒しをプレゼント!「コロナが良くなって日本で涙のステージをやりたいです」


――「Warning」のダンスは元気があって、とてもかわいく、手をくるくる回して、前に倒れ込みそうになるダンス、歩くようなダンスが印象に残りますが、ダンスのポイントは?

「今、おっしゃった手をくるくる回すダンスがまさにポイントで、〝ビックリマーク(!)ダンス〟という名前で、人差し指をビックリマークのように立てて、手を前に出してビックリマークを回しながらピョンピョン跳ねる動きです。他の部分では歩くようなダンスがやはり簡単で面白いので、その部分をファンの皆さんが真似してくれたら可愛いと思います(笑)」

――2人の女性ダンサーが腕で作ったひし形の中から、セジョンさんが顔を覗かせます。あのひし形は部屋の窓を意味しているのでしょうか?

「その最後のひし形の中から私が顔を覗かせる部分も、とても重要なダンスのうちの一つです。最初はまるで絵のように他人の話みたいだけど、最後には相手を指差しながら『実はあなたの話でした~』という意味を込めてます」

――「Warning」のミュージックビデオはポップで楽しい映像作品になっていましたが、ミュージックビデオの見どころと撮影の裏話を教えてください

「「Warning」のミュージックビデオには、5つの個性を持ったセジョンが存在しているんですけど、各自それぞれの方法で人間セジョンに警告を伝えようと孤軍奮闘する様子が描かれてます。裏話としては、ほぼ1年ぶりにミュージックビデオを撮影したので、始めは慣れず、ぎこちなくもあったし違和感もありました。でも時間が経つにつれ元のテンションに戻って、楽しく臨むことができました。ですけど、やっぱりミュージックビデオは表現しようとすることがとても断面的なので、撮る時は恥ずかしい部分が多かったです(笑)」


Next Page  1 2 3 4 5 6

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.