韓スタ!プレゼント!韓スタ!オフィシャルTwitterをフォローしてRTで応募!

【インタビュー】韓国人気美人実力派女優イ・ヨンエ!主演韓国映画『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』(9/18公開)で失踪した息子を探す母親を熱演!「現場写真を見て涙が出そうになりました」


――水中から干潟、そしてアクションまで、体を張った撮影の連続でしたが、14年分のエネルギーをこの作品に注ぎ込んだのではないかとも思います。撮影はつらくありませんでしたか?

「つらかったですが、共演者の方々や監督、スタッフの皆さんがひたむきに情熱をもって取り組んでくださる中で、つらいなんてとても言えません。それに、メイクさん、美術監督さん、衣装監督さん、みなさん『親切なクムジャさん』でご一緒した方々です。そんな厚い友愛に応えるためにも一生懸命撮影に臨みましたが、編集で削除された部分もあります。その時の現場写真を改めて見て、涙が出そうになりました」

◇プロフィール

1971年生まれ。14歳で雑誌モデルとしてデビュー。93年に「お宅の夫はいかがですか」で女優デビューし、97年に『インシャラ』で映画デビュー。その後、パク・チャヌク監督作『JSA』(00)に出演。2003年の「宮廷女官チャングムの誓い」が日本のみならずアジア全土で放映され、韓国の国民的女優としての地位を確立する。一転して、『親切なクムジャさん』(05)ではそれまでのイメージを覆す複雑にして魅惑的なヒロインを熱演。09年に結婚、11年に男女の双子を出産し芸能活動を中断。17年に「師任堂(サイムダン)、色の日記」に主演した。

◇ストーリー

看護師として働くジョンヨン(イ・ヨンエ)は、夫ミョングク(パク・ヘジュン)と共に、6年前に失踪した息子ユンスを捜し続けていた。捜索途中に起こった悲劇的な事故の後、憔悴しきった彼女の元に「ユンスに似た子を、郊外の漁村で見た」という情報が寄せられる。しかし、漁村へとやってきたジョンヨンの前に立ちはだかったのは、釣り場を営む怪しげな一家だった。口を閉ざす村の人々、非協力的な地元警察。この村は何かがおかしい…。

© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
公式サイト:https://maxam.jp/bringmehome/

Top Page  1 2 3 4

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.