韓スタ!オープン6周年!韓スタ!6周年お祝い動画公開&プレゼント企画実施中!

韓国人気俳優が大集結!チョン・ウソン×ファン・ジョンミン×チュ・ジフン出演の韓国ノワールの新境地『アシュラ』!トロントで初の公式上映!


teaser_poster_01

『ベテラン』のファン・ジョンミン、『グット・バッド・ウィアード』のチョン・ウソン、『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』のチュ・ジフンといった演技派を揃え、韓国ではノワールの新境地として公開前から熱き視線を受けている『アシュラ』(キム・ソンス監督)。第41回トロント国際映画祭のスペシャルプレゼンテーションセクションに公式招待され、現地時間13日にトロントのエルギンシアターで公式上映が行われた。

この日、劇場付近には約1400人あまりの海外バイヤー、記者、観客が会場に集まり、賑わいを見せ、チケットを手にいれることのできなかったファンもフォトゾーンを中心に劇場を囲むように俳優たちを一目見ようと集まった。この光景をみたチョン・ウソンら俳優たちは感謝の気持ちを伝えようとファンのそばに近寄ってサインや握手は勿論、一緒に写真を撮るなどファンサービスで会場外も盛り上げた。

映画が上映されると、観客たちは映画にのめり込み、緊張した表情を浮かべた。映画が終わると歓声と拍手が起こり、一気に会場は熱気に包まれた。tronto5上映後に行われたティーチインではチョン・ウソンが『MUSA-武士-』以降15年ぶりにキム・ソンス監督と一緒に仕事をした感想を、

「監督との再会は僕にとってとても大きな意味がありました。前よりももっと成長した姿で観客の期待に応えられるようにという個人的な思いもあったと思います。監督をはじめ、ファン・ジョンミンさん、クァク・ドウォンさん、チュ・ジフンさん、チョン・マンシクさんなど全てにおいて最高の人々と仕事をするのだから、自分も頑張らなければという気持ちで撮影に臨みました」と話した。

また上映の感想を聞かれたチュ・ジフンは、

「役者なので次のシーンはわかっているんですが、観客の反応がエキサイティングで僕自身もストーリーを知らなかったみたいに夢中になりました。観客の皆さんも同じ気持ちで見てくれただろうと期待しています」と興奮した様子で語った。

いち早く、トロントの観客を熱狂させ心を掴んだ『アシュラ』。韓国では9月28日に公開、そして日本では、CJ Entertainment Japan配給で2017年春新宿武蔵野館にて公開を予定している。

Top Page

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.