韓スタ!オープン2周年!韓スタ!オープン2年記念★読者プレゼント企画実施中!

【コラム】韓国大人気清純派女性アイドルグループApink! 7月に2nd Japan LIVE TOURが決定! Apinkの隠されたヒットの法則はオケヒ?! 「韓国の大先輩にも同じことを言われました」


[Apink]-A-04-550___

3月23日に、「リルリル フェアリル~妖精のドア~」(テレビ東京系)の主題歌「Brand New Days」をリリースした日韓で大人気の6人組ガールズグループ、Apink。去年2万人を動員した1st LIVE TOUR「PINK SEASON」に続き、7月に2nd Japan LIVE TOURの開催も決定! そこでツアー決定を記念して、取材を通して見えたApinkの隠されたヒットの法則を披露!

Apinkは韓国で2011年4月19日にミニアルバム「Seven springs of Apink」でデビューし、もうじきデビュー5周年を迎える。2014年10月に「NoNoNo」(日本語版)で日本デビューを果たし、15年2月リリースの2ndシングル「Mr.Chu」ではオリコン週間ランキング2位に輝いた。

Apinkは2回インタビューさせてもらった。その時、感じた彼女たちの印象は多くのガールズグループが歌謡界のトップを目指し、ものすごく積極的であるのに対して、〝韓国なでしこ〟とでも言えばいいのか、とても控えめでおしとやかなイメージだった。

隠されたヒットの法則

そんな彼女たちに私が以前から持ち続けていたApinkの隠されたヒットの法則をぶつけてみた。

彼女たちの韓国デビューアルバムのタイトル曲「モルラヨ(わからない)」には、ウンジの♪オッチョン グリード~のパートに「パーン!」というオーケストラヒット(オケヒ)が入っていて、このオケヒは80年代の日本のアイドルソングにガンガンに使われていた効果音だ。さらに日韓で大ヒットした「Mr.Chu」にもオケヒは使われているのだ。(次ページにつづく)

Next Page  1 2

Tags:
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.