韓スタ!オープン2周年!韓スタ!オープン2年記念★読者プレゼント企画実施中!

【インタビュー】韓国カリスマロックシンガー、ミリェンコ・マティアビッチ!「覆面歌王」出演に続き「華麗なる誘惑」OST「My Love is gone」をリリース!「日本の皆さんを死ぬまで忘れません」


12773057_1053668808008400_1877721738_o

まだ日本での認知度はあまり高くないものの、韓国では代表曲「She’s Gone」が歌の上手い人のカラオケの定番ソングになるなど高い人気を持つ、アメリカの人気ロックバンド、スチールハートのボーカリスト、ミリェンコ・マティアビッチ。
2月には〝イナズマン〟として韓国人気バラエティー番組「覆面歌王」に出演し大きな話題となり、2月23日には韓国人気イケメン俳優チュ・サンウクと人気女優チェ・ガンヒ共演のドラマ「華麗なる誘惑」のOST「My Love is gone」をリリースするなど韓国での活動を本格化させようとしている。
韓スタ!ではそんなミリェンコ・マティアビッチがお忍びで来日中との情報をキャッチ。早速、話題の韓国カリスマロックスターを直撃した!

――ミリェンコ・マティアビッチさんは韓国では知らない人がいない、アメリカ人カリスマ・ロックスターですが、日本ではまだ知らない人もいるので、自己紹介をお願いします

「こんにちは、ミリェンコ・マティアビッチです。私は作詞家であり、ロックバンド『スチールハート』のボーカルで、映画『ロック・スター』で主演のマーク・ウォールバーグの歌声を担当したり、「The Doors」のギタリスト、ロビー・クリーガーやレイ・マンザレクのフロントマンもやっています。今回、日本には日本の新しいエージェントと会うために韓国のマネージャーと訪れました」

――日本の印象はいかがですか?

「日本は美しくて興味深い国だと思います。人も愛にあふれていると思います。次に日本に訪問する時はライブとテレビでみなさんにお会いしたいですね」(次ページにつづく)

Next Page  1 2 3

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.