韓スタ!プレゼント企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【インタビュー】日韓で大人気の韓国女性アイドルグループ出身の知英(ジヨン)!日本スクリーン・デビュー作『暗殺教室』!セクシーな凄腕殺し屋に挑戦!「映画でセクシーに挑戦しました♡」


――殺せんせーとの職員室での茶飲みシーンでは知英さんの胸を強調したセクシーでコミカルなシーンに仕上がってましたね

「(笑って)『おっぱいを景色にみたてて、優雅に茶を飲むな!』って言った後にナイフで刺すシーンなんですけど、殺せんせーはCGなので目の前に何にもなくて、殺せんせーの動きを想像しながら演じたんです。物を投げたりするんですけど、後でCGとあわせるために場所も決まっていて、その通り投げたりするのも大変でした」

――今回、セクシーな役に挑戦していかがでしたか?

「ビッチ先生のキャラクターはファンの皆さんも見たことないと思います。自分もやっぱり慣れなくて、最初はすごく悩んでたんです。ホントに私に出来るのかなって…。プレッシャーもあったし、人気のある原作でキャラクターもすごく人気があって…。でも回りのスタッフさんとか支えてくださったので、がんばって演じられました」

――では、知英さんが一番好きなシーンはどこですか?

「やっぱり、最初の登場シーンですね。私が台本を読んで想像していた以上にインパクトのあるシーンになっていて! 監督が私の役のことをすごく考えてくれたんだなって感謝ですね」

――撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

「皆さん、すごくチームワークが良くて、そこがよかったです。映画の撮影現場ってすごく時間が掛かって大変だと聞いていたんですけど、一発で終わったりすることも多くて、あっ、すごくチームワークがいいんだなって思いました」

――では、共演者の感想を教えてください。まずビッチ先生が送り込まれる落ちこぼれクラスの潮田渚役の山田涼介さんはいかがでしたか?

「山田さんはすごく役にぴったりだなって思いました。韓国語を勉強しているみたいで、私によく韓国語で話しかけてきてくれましたね」

Next Page  1 2 3 4

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.