韓スタ!4周年企画!3/11韓スタ!オープン4周年記念プレゼント企画など実施

【イベントレポ】超新星出身の韓国ソロアーティスト、ソンモ!初のソロツアー完走!バースデーファンミーティング開催をサプライズ発表!


韓国ボーイズグループ超新星出身のソンモが5月6日大阪・堂島リバーフォーラムで最終公演を行った、初のソロツアー「2019 SUNGMO Concert<amorfati>in JAPAN」(3カ所6公演)の東京公演を5月4日に千葉・舞浜アンフィシアターで昼夜2回開催した。

デビュー10周年の今年1月、ソロアーティストとしての道を歩むことを公式的に発表したソンモ。2月6日には公式ファンクラブもオープンし、同27日にはソロでは3年ぶりとなるアルバム「セレナーデ」を発売するなど新たな第一歩を順調に踏み出した。

5月2日の名古屋市公会堂大ホールからスタートした自身初のソロコンサートツアーは4日の東京公演が2カ所目。「ソンモ~!」の声援が響き渡る中、2月27日にリリースされた3rdミニアルバム『セレナーデ』の収録曲「モナリザ」でライブは幕を開けた。ステージ下からダンサー4人とともに椅子に座って登場したソンモは、スローなバラードをしっとりと歌い上げながらもキレ味鋭いダンスを披露。終盤、ジャケットを脱ぎ捨てると大きな歓声が沸き起こった。2曲目は、2ndミニアルバム『ThefuturewithU』収録のダンサブルなナンバー「WakeUp」をパワフルに歌い踊り、早くも客席をソンモワールドへと引き込んだ。

悲鳴のような歓声に包まれる中、軽くトークしながら息を整えると、「みなさん、こんにちは。お久しぶりです。ソンモです」と爽やかな表情であいさつ。客席に向かって「みんな暑いですよね?」と問いかけるが、すぐさま、「そんなに暑くないでしょ? なぜか知ってる? 踊らないから」とジョークで爆笑を誘い、「今、そんなに楽しくないよね? 楽しい? 表現してみて!」と客席前方の観客に無茶ぶり。それでも一人のファンがノリ良く、「ドキッ」と応じてくれると、「オォ~」と声をあげて大喜び。「ボクは久しぶりにみなさんと会って楽しいです」と笑顔を弾けさせた。(次ページにつづく)

Next Page  1 2 3 4

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.