韓スタ!プレゼント!韓スタ!読者プレゼント企画好評実施中!

【インタビュー】韓国新人、ミニスカ美人デュオ、プップッ(Fresh Girls)!才色兼備なシンガーソングライター!「私たちの顔と音楽を暗記してください♡」


_-3

サンミ「最終的にプップッと決まって、でも最初はプップッという言葉が可愛すぎて、ちょっと私たちには負担かなって思ったんですけど、今は覚えやすくて呼びやすい名前なので、いいですね(笑)」

――そんなプップッのバンド結成の経緯は?

サンミ「私とジヨンは中学校の時から友達で、幼い頃からずっと一緒に成長してきたんです」

ジヨン「歌も一緒に練習して、試行錯誤をいろいろして、その中でホントに自然に一緒にチームを組むようになりました。サンミさんが書いてきた曲を一緒に歌ってみて、和音を入れてみてって感じです」

――プップッの2人はデビュー前に、Busker Buskerの第2集にフューチャリングしましたが?

サンミ「私たちがプロダクションに入ることになって、同じ所属だったBusker Busker先輩たちのアルバムに参加することになりました。私は『美しい年』という曲でメロディオンを演奏して、ジヨンは『君の唇が』という曲にフィーチャリング参加しました」

ジヨン「『君の唇が』で女性ボーカルが必要だって話になって、多分、同じ事務所だからって私に先にチャンスが来たんだと思います。それでも私で大丈夫だったから、私に決まって! 今考えてみるとホントにすごくいい機会だったんだなって思います(笑)」

――プップッは自分たちで曲を作っているとのことですが、役割分担などあるんですか?

サンミ「作曲は主に私がしていて、何の話を書くか大きな枠組みを作ってから、ジヨンといろんな話をして、作詞は2人でしています」

ジヨン「アイデアが浮かばない時は、いっしょにカフェに座って歌詞が出るまで頭をかきむしって悩む時もありますよ(笑)」

――曲のインスピレーションはどうやって得てるのですか?

サンミ「自分たちで曲を作っているので、だいたい私たちの経験談や回りの人の話をもとにして素材を得てますね」

ジヨン「それにプラスして、本や映画などからもインスピレーションを得ています」

Next Page  1 2 3 4 5 6 7

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.