韓スタ!オープン2周年!韓スタ!オープン2年記念★読者プレゼント企画実施中!

【インタビュー】韓国インディーズの女神と熊!韓国実力派ユニットROCOberry!大ヒット韓国ドラマOSTを担当!「実は日本でデビューの話がありました!」


000025

――ロコさんとコナンさんで、どんな風に曲作りをしているのですか?

「曲は、コナンと私でわけて、作詞作曲をする時もありますが、一緒に曲を作る場合が多いですね」

――ロコさんはどんな時に曲を作っているんですか?

「だいたいは、うれしかったり、悲しかったり感情の変化があったときのことを思い出して曲を書いたり、短い文章を書き留めたりしています。あと、映画を見たり、本を読んだりしながら、そこに私の考えをいれて、いろんな方向に話を広げて作ったりもしますね」

――では、Rocoberryの新アルバム「Merry Summer」はどんなアルバムですか?

「今回のアルバムには5曲が収録されていて(※1曲はインスト)、まず、タイトル曲の『Merry Summer』があります。移りゆく夏の夜の表情をとらえた曲で、アルバムのコンセプトと同じなんです。『Merry Summer』(M1)のようにときめいたり、『デザート・ソング』(M2)のように甘かったり、『大丈夫、青春』(M3)のように慰めてくれたり、『月の影』(M4)のように感性的になったり、『夜明けに降る雨』(M5)のように悲しかったり、想いは1つじゃないって言っているんです」

――では改めて、タイトル曲「Merry Summer」はどんな曲ですか?

「『Merry Summer』は夏の夜、歩いていると川風や海風が吹いてくる、そんな気持ち良さを想像しながら作った曲です。夜風の思い出ですね(笑)。みんながずらりと座っている海辺の夜。ゴザの上でゆったりと横になっている漢江(ハンガン)の夜。一番大切な人と一緒にいるんです!(恥ずかしそうに笑う)」

Next Page  1 2 3 4 5

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.