韓スタ!オープン2周年!韓スタ!オープン2年記念★読者プレゼント企画実施中!

【インタビュー】韓国インディーズの女神と熊!韓国実力派ユニットROCOberry!大ヒット韓国ドラマOSTを担当!「実は日本でデビューの話がありました!」


000035

――そもそもどんないきさつでバンドを結成することになったんですか?

「私とコナンは教会の聖歌隊で一緒で、前から私が自分で作った曲を歌って録りためていたのをコナンが聞いて、それがコナンがやりたかった音楽スタイルとよくあっていたんですね。それで、コナンが私の声にもぴったり合うから一緒にやってみようと提案してくれたんです。でも、その当時、私自身、自信がなくてホント悩みました。そこをコナンが辛抱強く誘ってくれて、結局一緒にこんなに音楽で話をできるようになりました(笑)。ホント、コナンがいろいろ私を励ましてくれて、それが力になったと思います」

――ロコさんを誘ったコナンさんですが、どうして熊の着ぐるみを被っているんですか?

「コナンは舞台に上がるのが苦手で、それを克服するために、顔を描いて表情がある熊の着ぐるみの頭を被って活動するようになったんです。だんだん、苦手意識もなくなってきたので、私は熊の頭を被らないように応援したいです」

――コナンさんの素顔はどんな感じですか?

「素顔ですか…。そうですね…。ノーコメントで!(1人で爆笑)」

――Rocoberryは自分たちの音楽活動だけでなく、ドラマ「私の人生の春の日」の少女時代スヨンの「風花」など数々のヒットドラマのOSTなどに楽曲提供していますが?

「私たちは、ホントにいい提案があって、ドラマの主題歌を作るようになりました。ドラマ『大丈夫、愛だ』では、Davichiさんの『大丈夫、愛だ』や、ユン・ミレさんの『あなたを愛している』、Crushさんの『眠れない夜』など、たくさんの方々が愛してくれる歌になって、より多くの機会ができたようです。ドラマ『ピノキオ』や『Who are You―学校2015』でも楽曲を提供させていただきました。自分たちバンドの曲も準備しながら、いろんなアーティストの曲を書いて、地道にプロデュース活動しています」

Next Page  1 2 3 4 5

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.