韓スタ!プレゼント企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【インタビュー】韓国イケメン俳優ユン・ヒョンミン!出演韓国ドラマ「魔女の法廷」(DVD発売中)でイケメン検事を好演!「感情豊かで直情型なヒロインがかわいく見える時もありました」


――放送中、視聴者からたくさん愛されたドラマでしたね。ヒョンミンさんは、どういう部分が人気を集めたとお考えですか?

「毎回さまざまな事件が起きますが、これらはドラマのために作られたものではなくて身近に起きている…、もしかすると今も起きているかもしれない、社会で頻発している事件を扱っています。だからこそ視聴者も一緒に憤りを感じ、僕らが解決する過程を応援してくれました。そこが共感を得たんだと思います」

――対立する法律事務所の顧問理事チョ・ガプス役のチョン・グァンリョルさんとの共演はいかがでしたか?

「チョン・グァンリョルさんとは初共演でした。大ベテランなので名前を聞いただけでカリスマというか…、近寄りがたいオーラを感じますよね。撮影前は気難しいのではという先入観もあって、心配していました。ところが撮影に入ると、チョン・グァンリョルさんから『気楽にやろう』と先に声を掛けてくれたんです。それから冗談を言って和ませてくれました。現場を楽しく、後輩たちが緊張しないように面白い話をしてくれました」

――現場ではどんな雰囲気だったのでしょう?

「チョン・グァンリョルさんは絶対にNGを出さないんです。移動中の車や家で台本を徹底的に分析して撮影現場に入ります。徹夜の撮影が続くと疲れがたまって体力が落ちてきてセリフが覚えられなかったりします、人間ですから。NGを出してもおかしくない状況なのにNGを出さないんです。僕は終盤に近づくと心身ともに疲れてセリフをよく間違えました。でもグァンリョルさん『気にするな、リラックスして』と言って下さり、ありがたかったです」

Next Page  1 2 3 4 5 6 7

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.