韓スタ!プレゼント企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【インタビュー】元KARAの歌手で女優の知英!主演映画『殺る女』(10/27公開)で美しき殺し屋を少ないセリフでクールに熱演!「アクションシーンでぶつけて痣が出来てしまいました」


映画『レオン』、『私の人生なのに』(☜インタビューはクリック)などで精力的に女優活動を続ける、女優の知英が主演する日米合作映画『殺る女』(宮野ケイジ監督/プレシディオ配給)がいよいよ明日、10月27日(土)からシネ・リーブル池袋ほか全国公開となる。
本作『殺る女』は、知英演じる幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子が殺し屋となり、犯人を探し出そうとするスタイリッシュなバイオレンス・エンターテインメント映画。知英は運命に翻弄される殺し屋をクールに時に激しく、美しく熱演。『キル・ビル』のクエンティン・タランティーノ監督のミューズとして知られる、1970年代のバイオレンス・アクション映画『修羅雪姫』、『女囚さそり』シリーズの梶芽衣子を彷彿とさせる。そこで都内で知英を直撃! その姿はまさに次世代のバイオレンス・アクション映画のニューヒロインだった。

――本作『殺る女』はタイトルからインパクトがありますが、そのタイトルをはじめて聞いた時の感想と『殺る女』はどんな映画か教えてください

「タイトルからして普通の役じゃないんだなっていう予感がして、台本を読んでみたらその通りでした。英語の台詞があったり、でも今回は全体的にあまり台詞がない役で、どういう風にまた新しい役に挑戦できるかなって感想を持ちました。映画の内容は、小さい頃に目の前で親を殺されて、その犯人の腕に入れ墨が入っていたんですけど、その入れ墨の入った男を探し続けている復讐の物語です」(次ページにつづく)

Next Page  1 2 3 4 5

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.