韓スタ!プレゼント企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【インタビュー】元KARAの歌手で女優の知英!主演映画『私の人生なのに』(7/14公開)で下半身不随になる新体操スター選手を熱演!「涙だけじゃなく、勇気をもらえる映画です」


――車椅子の演技はいかがでしたか?

「車椅子も本当に大変でした。腕の力で回そうとして、何日か乗ったら筋肉痛で大変だったし、実際に車椅子を習う施設があるんですけど、そこで練習して、家にも持ち帰って練習したり、やっぱりトイレが一番大変でした。車の乗り降りとか車での移動も大変だったし、そこは実際やってみたんですけど、私は脚が動くわけだから、脚が動かないようにするのも大変で、無意識に動いちゃうから脚を忘れるのが大変でした。でも実際の皆さんはもっともっと大変だろうなって思って、改めて自分が普通に歩けて普通に生きていけることに感謝するようになりました」

――スクリーンでも知英さんの脚が本当に細く痩せていて、脚が不自由なんだなと思いました

「そこも、すごく気をつかって。でも撮影期間がすごく短かったので、本当はもっと痩せたかったんですけど…。本当に皆さん、脚の筋肉を使わないのでどんどん細くなっていくんですよ、そこはリアルにやりたかったんですけど…、時間がなくて残念でしたね」

――稲葉友さんと共演されて、いかがでしたか?

「稲葉さんとは初共演なんですけど、年も近くて本当に幼なじみみたいな感じで。役もそれだったからというのも、もちろん大きいですけど、なんかクランクインの前から歌の稽古をしたり、台本の読み合わせをしたんですけど、なんか初めて会った人とは思えないくらい楽な感じで、まさに淳之介でした」

Next Page  1 2 3 4 5 6

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.