韓スタ!プレゼント企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【インタビュー】元KARAの歌手で女優の知英!主演映画『私の人生なのに』(7/14公開)で下半身不随になる新体操スター選手を熱演!「涙だけじゃなく、勇気をもらえる映画です」


――『暗殺教室』(☜インタビューはクリック)、「オーファン・ブラック~七つの遺伝子」、『レオン』などいろいろな映画やドラマに出演、主演し、個性のあるキャラクターを演じられてきましたが、本作の出演オファーがあった時の感想を教えてください

「今回は原作(清智英・東きゆうの同名小説、講談社刊)があって、監督も以前、『片思いスパイラル』で一緒だった原桂之介さんで、『片思いスパイラル』は全員片思いしているというオムニバスで私は性同一性障害の役を演じたんです。その映画で短かったんですけど監督とすごく心が通じ合ったという感じだったので、本作で2回目に一緒になって、うれしかったです。監督もこの映画に対してすごく勉強していらして、今回の役は障害を持っていて普段の私じゃ全然わからなかったんですが、監督が障害を持ついろんな人と会って話をして、私にも会わせてくれて、映画にも出てくる集団カウンセリングも見学したり、いろいろキャラクターを研究する面で助けていただきました」

――障害があるところは別にして、瑞穂と知英さんの似ているところ、違っているところを教えてください

「性格とかは多分、原監督が私のことをよく知ってるからなのか、セリフの一言一言や、ものごとをはっきり言う、嫌なことをはっきり『やだ』って言ったりすることも、私と似てるなって思ったんですね。それで監督に聞いてみたら、監督は脚本も書かれてるんですけど、『そうなんですよ。瑞穂は知英さんですから知英さんを思って書きました」とおっしゃって。そういう監督の思いを知ってから、また気持ちを新たに頑張ろうと思いましたね」

Next Page  1 2 3 4 5 6

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.