韓スタ!プレゼント企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【イベントレポ】韓国イケメン俳優キム・ジェウク!出演日韓合作映画『蝶の眠り』(5/12公開)の初日舞台挨拶に登壇!「中山美穂さんにガン見されました」


「コーヒープリンス1号店」や「ボイス~112の奇跡~」などで人気の韓国イケメン俳優キム・ジェウク(☜インタビューはクリック)が、5年ぶりの映画主演となる中山美穂と共演して話題の日韓合作映画『蝶の眠り』(チョン・ジェウン監督/KADOKAWA配給)が本日5月12日(土)から角川シネマ新宿ほかで全国ロードショーとなり、東京新宿・角川シネマ新宿 シネマ1で行われた初日舞台挨拶に登壇した。

上映後の熱気冷めやらぬ観客からの大きな声援に迎えられ、主演の中山美穂、チョン・ジェウン監督、音楽を担当した新垣隆と手を振りながら登場したキム・ジェウク。韓国人留学性のチャネ役を全編日本語のセリフで好演した彼は流ちょうな日本語で、

「韓国ではない劇場で、韓国人の僕が舞台挨拶をさせてもらえているというのが不思議です。でも、小さい頃に住んでいた日本で仕事をさせてもらえてとても光栄です。これからもよろしくお願いします!」と挨拶をした。

「韓国でも子供の頃にテレビや映画で見ていた役者さんと共演する機会はありましたが、中山美穂さんは特別でした。映画『Love Letter』は、僕自身はもちろん韓国人みんなが大好きな作品ですし、そんな映画に出演していた中山さんが存在していること自体、最初は実感できませんでした。初めてお会いした時の印象はたぶん死ぬまで忘れないだろうと思います。最初にお会いしたのは衣装合わせの時だったのですが、美穂さんが僕をガン見してきて(笑)。ほんの2秒くらいだったとは思うのですが、目が大きくて時が止まったような気がしました。僕の顔を見て『チャネだ』と認めていただけたようで、とてもうれしかったです」と当時を振り返った。

7歳まで日本で過ごし、日本語が堪能なキムについて中山美穂が、「本当に日本語がお上手で、しかも心地よいしゃべり方をされるので直すところがなかったのですが、ただ一つ『庭師』って言葉が言えなかったよね」と暴露。「そうそう。毎回美穂さんに教えてもらっていました。その単語を初めて知ったんですよ」とジェウク。また本作が韓国でも9月に公開されることが発表され、「韓国でもたくさんの方に観ていただきたいです」と中山とジェウクは笑顔を輝かせた。

©2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS
映画HP:http://chono-nemuri.com/

Top Page

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.