韓スタ!プレゼント企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【インタビュー】韓国イケメン俳優キム・ジェウク出演!日韓合作映画『蝶の眠り』(5/12公開)で年上の女性作家に惹かれる韓国留学生を好演!「日韓の違いはなく、いい役者は同じ匂いがするんです」


「日本が舞台で日本語ですべて演じないといけないし、監督と僕以外はすべての役者、スタッフが日本の方たちで、そういう環境も僕にとっては魅力的で最高のチャンスになると思いましたし、断る理由がなかったです。ストーリー自体、新しい話ではないと思うんですけど、シナリオも監督が書いていて、チョン・ジェウンが書いたこのシナリオをチョン・ジェウンという監督が撮ったらどんな新しい映画になるのかという期待も大きかったです」

――今回たくさんの日本の俳優さんと演じられましたが、韓国での撮影の違いはありましたか?

「特にないですね。いい役者から感じる雰囲気はどの国も同じなんだなって、美穂さんや永瀬さんとやりながら感じましたね。同じ匂いがするんですよ」

――今回、全て日本語のセリフでの演技となりました。KARAのギュリさんと共演した『2つの恋愛』、ソン・イェジンさんと共演の『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』でも日本語を話すキャラクターを演じていますが、今回と違いはありましたか?

「『2つの恋愛』、『ラスト・プリンセス』も韓国映画なので劇場で公開された時、韓国の観客の皆さんは90%以上、僕が何を言ってるのかわからなかったと思うんですけど、本作は日韓合作映画で多くの日本の観客がご覧になられるので、日本語が下手に見えないように緊張感を持って、発音に気をつかって演じましたね。でも早口で言ったりするシーンでは噛んだりして、NGも多かったです」

――改めて日本語の勉強はされたんですか?

「特にしてないんですけど、難しい言葉とか、文学的な表現も多いから、中山美穂さんや永瀬正敏さんに助けてもらったりしました。監督は日本語が出来ない人なので(笑)」

Next Page  1 2 3 4 5

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.