韓スタ!プレゼント企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【インタビュー】韓国イケメン俳優キム・ジェウク出演!日韓合作映画『蝶の眠り』(5/12公開)で年上の女性作家に惹かれる韓国留学生を好演!「日韓の違いはなく、いい役者は同じ匂いがするんです」


「コーヒープリンス1号店」や「ボイス~112の奇跡~」などで人気の韓国イケメン俳優キム・ジェウクが、5年ぶりの映画主演となる中山美穂と共演し話題の日韓合作映画『蝶の眠り』(チョン・ジェウン監督/KADOKAWA配給)が5月12日(土)から角川シネマ新宿ほかで全国ロードショーとなる。
本作『蝶の眠り』は中山美穂演じる遺伝性アルツハイマーを患う女性作家とキム・ジェウク演じる韓国からの留学生との愛の記憶を描いた作品で、幼少期に日本で生活していた経験を持つキム・ジェウクが全編、完璧な日本語で熱演している。そこで映画プロモーションのために来日したキム・ジェウクを直撃! 日本人かと勘違いしそうなくらい流ちょうな日本語で映画のことなど話してくれ、またインタビュー中のクールながらも一つ一つ言葉を選んでいく丁寧な話し方も本作の登場人物そのもので、映画から飛び出してきたのかと思わせるほどだった。

――本作『蝶の眠り』でキム・ジェウクさんは中山美穂さん演じる主人公の女性作家、松村涼子を支える韓国からの留学生ソ・チャネを演じられました。本作に出演を決めた理由は何ですか?

「まずはチョン・ジェウン監督の作品が昔から好きでファンだったんですけど、出演のオファーが来てシナリオを読んだら設定にすごく惹かれました」(次ページにつづく)

Next Page  1 2 3 4 5

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.