韓スタ!プレゼント企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【インタビュー】韓国人気イケメン演技ドル、イム・シワン(ZE:A)!出演映画『名もなき野良犬の輪舞』(5/5公開)で野心的な受刑囚を熱演!「告白のシーンで感情が溢れだし涙が頬を伝わりました」


韓国人気アイドルグループZE:Aのメンバーであり、「ミセン-未生-」(☜インタビューはクリック)や『弁護人』(☜インタビューはクリック)などで俳優としても大活躍する演技ドルのイム・シワンの兵役前最後の映画作品であり、『シルミド SILMIDO』や『殺人者の記憶法』などで人気の韓国実力派俳優ソル・ギョング(☜インタビューはクリック)と共演して話題の韓国映画『名もなき野良犬の輪舞』(ビョン・ソンヒョン監督/ツイン配給)が5月5日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーとなる。
『名もなき野良犬の輪舞』は服役中の刑務所でソル・ギョング演じるジェホとイム・シワン演じるヒョンスが出会い、絆を強めていく中で起こる裏切りと復讐のクライムアクション映画で、ジェホの兄弟分となるヒョンスを端正な顔立ち、太陽のような情熱で熱演した。そこで本作の日本公開を記念して、イム・シワンのインタビューをお届け!

――本作『名もなき野良犬の輪舞』でイム・シワンさんが演じられたヒョンスはどんなキャラクターか教えてください

「ヒョンスは服役囚で、収監されている刑務所内で絶大な権力を持つジェホ(ソル・ギョング扮)の注意を意図的に引くんです。彼はジェホの信頼を得て、彼の犯罪組織に入り、力を持つようになります。トップにのし上がる過程で、ヒョンスは自分の周りにいる人々は皆、騙し騙され、争いあっているということに気づいていきます」(次ページにつづく)

Next Page  1 2 3

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.