韓スタ!4周年企画!3/11韓スタ!オープン4周年記念プレゼント企画など実施

【REVIEW】韓国人気イケメン俳優、ソン・ジュンギ主演『私のオオカミ少年』(5/25公開)!ソン・ジュンギがほぼセリフなしでオオカミ少年を熱演!


私のオオカミ少年

昨年2012年、最も活躍した俳優1位に選ばれた韓国イケメン俳優、ソン・ジュンギが主演した『私のオオカミ少年』(チョ・ソンヒ監督/CJ Entertainment Japan配給)が5月25日から新宿シネマカリテ、109シネマズ川崎ほか全国ロードショーとなる。

〝アヴェロンの野生児〟と呼ばれる、オオカミに育てられたと思われる少年が1797年頃、南フランスで発見されるが、ジュンギはそんな少年、チョルスを演じる。

海外暮らしの老婆のスニは47年ぶりに韓国の片田舎の屋敷を訪れ、ある少年のことを思い返す…。少女の頃のスニ(パク・ボヨン)は病弱で、転地療養のため家族でこの屋敷に引っ越してきて、ボサボサの頭に、うなり声しか上げない少年を見つける。少女スニはオオカミ少年をチョルスと名付け、一家でしばらくの間面倒を見ることにするが…。

ジュンギがほとんどセリフなしでオオカミ少年、チョルスを熱演。チョルスはスニに餌づけされるようにしてマナーを学ぶのだが、その時の子犬のように純真でキラキラした眼差しに胸キュン必至だ。

スニ役に「過速スキャンダル」で各映画賞の新人賞に輝くパク・ボヨン。またユ・ヨンソクが「建築学概論」に引き続き、悪役で輝きを放つ。監督は「獣の終り」のチョ・ソンヒ氏。ジョニー・デップ主演の米映画「シザーハンズ」を彷彿とさせる一本。

写真©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

文・中村樹基(脚本家「世にも奇妙な物語」など)

Top Page

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.