韓スタ!プレゼント企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【インタビュー】韓国人気美人女優キム・ゴウン&ユ・インナ!「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(Blu-ray&DVD発売中)でヒロインを好演!「最終話で息も出来ないくらい抱きしめられました」


ゴウン「それから自動車のシーンも! 車が真っ二つになるシーンもあるんですけど、これは本当に驚きました。現場に真っ二つになった自動車が用意されていて、それをスタッフが引っ張って動かしていたんですけど、映像ではそこにふわっとトッケビの能力を表すCG効果が入っていたんですよね。本当に驚きましたが、とてもいい映像に仕上がったと思います」

インナ「そうそう、『トッケビ』のCGを担当したチームはどこだ?って業界で噂になっていたそうですよ」

ゴウン「ドラマで一番大変だったCGのシーンは、序盤の船でのシーンだと思うんですけど、私たちは現場にいなかったので…」

インナ「だからとても気になってたんですけど、実際にテレビで見て、本当に驚きました。(キム・ゴウンを見て)そうだよね? 本当に不思議だったし、とても素敵でした」

――トッケビと死神が並んで歩くシーンがありますが、撮影現場はいかがでしたか?

ゴウン「その撮影はとても寒い日で、私はダウンジャケットを羽織ってぶるぶる震えていたんですが、2人がライトをバックに、ずっと歩いているんですよ。歩いて来て、また歩いて…。それを見て『何してるんだろう?』と思っていました(笑)。放送を見て、『ああ、このシーンだったんだ!』と驚きましたね(笑)」

インナ「2人でただ歩いているだけなのに、どうしてあんなにカッコいいの?! ふふふ(笑)」

――一番記憶に残っているシーンは?

インナ「私は、愛する人の正体が〝死神〟だったと知るシーンが一番記憶に残っています。(帽子をかぶって人には見えないように姿を隠していた死神に)サニーが桃の枝を振りかざすと、帽子が脱げて死神が姿を現し、『あなたは一体何者なの?』という問いに、『僕は死神です』と正体を明かす場面なんです」

Next Page  1 2 3 4 5 6 7 8 9

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.