韓スタ!オープン2周年!韓スタ!オープン2年記念★読者プレゼント企画実施中!

【インタビュー】韓国人気女性アイドルグループ、少女時代のスヨン!主演ドラマ「私の人生の春の日」で心臓移植を受けるヒロインを熱演!「日本の皆さん、心温まるドラマです!」


7日に韓国でリリースした新曲「PARTY」が韓国の音楽番組で軒並み1位を獲得し、変わらぬ人気を証明した韓国人気8人組ガールズグループ、少女時代。その少女時代のメンバー、スヨンの主演ドラマ「私の人生の春の日」のDVD-SET2が8月5日にリリースとなった。
同作でスヨンは名優カム・ウソンを相手役に、心臓移植により新たな人生を手にし、前向きに生きていく主人公ボミを好演!そんなスヨンに、号泣必至のピュアラブストーリー「私の人生の春の日」について訊いた。

――本作「私の人生の春の日」でスヨンさんは主人公のボミを演じられましたが、ボミのどのようなところに魅力を感じたのか、教えてください

「ボミは心臓移植でしか助からないと言われていた女性で、ドナーから新たな心臓をもらうんですね。それで心臓をもらったことへの感謝の気持ちと責任感から懸命に生きようと努力するんです。そんな情熱的な彼女の姿が魅力的だなって感じましたし、運命の人と巡り会って、その家族まで愛する物語に心が温かくなりました」

――ボミは病院で栄養士として働いている人物ですが、演じる上で気をつけた点や役作りのために準備したことはありますか?

「ボミが病院で栄養士として患者に接するのは、彼女の日常なんですね。白衣姿で院内を歩き、患者と挨拶を交わすのはボミにとっていつものことなんです。なので、慣れた雰囲気が出るように役作りを進めました。以前出演したドラマで、平凡な会社員の役を演じたのですが、オフィスは私にとってなじみのない場所でしたから、デスクに座る演技も手帳やパソコンを扱う演技も自然にできなくて、準備が足りなかったととても後悔したんです。だから今回はきちんと準備して、どうすれば栄養士になれるかとか、どういった生活をしているのかなど色々下調べをしましたね」(次ページにつづく)

Next Page  1 2 3 4 5 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.