韓スタ!プレゼント企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【インタビュー】いよいよ最終回!「アイドルマスター.KR」に主演!韓国女性アイドルグループReal Girls Projectのソリ×ユキカ×ジウォン×イェウン×スジ!「私たちのドラマは一度見たらハマります!」


――またEpisode4には、ドラマの中でルーキー組が披露した「Growl」が収録です

スジ「この曲はEXO先輩のカバー曲で女性を魅了する男らしい歌詞なんですけど、私たちも女の子目線に歌詞を変えて、ガールクラッシュみたいなコンセプトにしました。ダンスの中で膝をつく振付があるんですけど、そこでジスルちゃんが膝を痛めたんですけど、ガンバって撮影しました」

――寝た状態から体を起こすダンスもありましたが、大変じゃなかったですか?

スジ「いいえ、ルーキー組はすごくチームワークがよかったので、一発でクリアーしました!」(ルーキー組のイェウンと手をたたいて大喜び)

ソリ「さすが!」(一同爆笑)

――そしてソリさん、ユキカさん、ジウォンさん、イェウンさん、スジさんは「PingPong Game」でカムバックしました

ジウォン「『PingPong Game』は男女の駆け引きを歌った歌詞になっていて、夏らしいポップで明るい曲です。卓球の振り付けとかかわいくて、魅力的なメロディラインの曲です」

――歌の冒頭で「garbo yap」と歌いますが、どんな意味があるんですか?

ユキカ「(日本語で)実は作曲家さんに『garbo yap』って何ですかって聞いたら、知らないって言われて、それで自分たちで調べたんですよ。そしたら、〝カルボ〟はどこかの国の〝優雅な〟の意味があるらしくて、〝ヤップ〟は気合を入れる言葉だから、〝優雅に気合を入れて〟って思ってたんですけど、音楽番組に出た時に番組のプロデューサーさんに挨拶に行ったんですね。そしたら『柔道のすべり止めのことが日本語であったよ』って教えてもらって、それかなって思ったりしてて…」

――私は「カイバイボ」って聞こえて、ジャンケンのことかなって思ってましたよ

ユキカ「私たちはカルボナーラって聞こえました」(一同爆笑)

Next Page  1 2 3 4 5 6 7

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.