韓スタ!プレゼント!韓スタ!読者プレゼント企画好評実施中!

【インタビュー】韓国人気実力派女優イ・ヨンエ!ドラマ「師任堂(サイムダン)、色の日記」(DVD発売中)で良妻賢母の象徴、師任堂の恋愛を熱演!「撮影現場に来た息子がソン・スンホンさんに嫉妬しました」


日本をはじめ世界中で韓流ブームを巻き起こした韓国歴史ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」なとで人気の韓国実力派女優イ・ヨンエ。彼女の13年ぶりのドラマ復帰作となり、韓国イケメン実力派俳優ソン・スンホン(☜インタビューはクリック)と夢の共演を果たして話題の韓国ドラマ「師任堂(サイムダン)、色の日記」のDVD-BOXが好評発売中だ。
「師任堂(サイムダン)、色の日記」はイ・ヨンエ演じる、約500年前に実在した女流天才画家で、〝聖人〟と呼ばれる儒教学者ユルゴク(イ・イ)の母であり、〝良妻賢母の象徴〟とされる申師任堂(シン・サイムダン)の人生を、現代の働く母でもある大学講師ジユン(イ・ヨンエ1人2役)が見つけた日記を通して、師任堂の真の姿、そして隠された愛を描く。イ・ヨンエは変わらない美しさと透明感、そして凛とした重みのある存在感で、師任堂を熱演!そこでDVDの好評発売を記念して、イ・ヨンエにドラマ「師任堂(サイムダン)、色の日記」について訊いた!

――イ・ヨンエさんにとって本作「師任堂(サイムダン)、色の日記」は13年ぶりのドラマ復帰作となりました。本作を選んだ理由を教えてください

「まずは脚本が面白かったんです。どんなことよりも一番重要なのは面白さですよね。現在の師任堂のイメージは、私も思ってましたが〝古く凝り固まっている〟というもので、5万ウォン札に描かれ剥製のように飾られた存在です。でも、500年前に生きていた師任堂が本当にそれを望んでいただろうか…と思ったんです。『宮廷女官チャングムの誓い』で、記録に1行残されていた人物に500年後に新たに生命を吹き込んだみたいに、師任堂も新たな人物として、その時代の師任堂はどうだったのだろうかと生命を吹き込んだところが面白かったです」(次ページにつづく)

Next Page  1 2 3 4 5 6

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.